安藤忠雄設計「風の教会」限定公開 神戸市灘区

館内には現代アート界を代表するアーティストの1人である榎忠さんの作品を展示

 六甲山(神戸市灘区)にある安藤忠雄設計の「風の教会」が9月13日から11月24日まで限定公開される。

 「風の教会(六甲の教会)」は、1986年に竣工し、大阪府の「光の教会」、北海道の「水の教会」と合わせて、安藤忠雄の「教会三部作」のひとつに数えられている。建物は礼拝堂と鐘楼があり、それに続くコロネード(列柱廊)、周辺の自然を区切り自立する壁で構成されている。

 今回の公開は、現代アートの展覧会『六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019』(9月13日~11月24日)の開催に合わせて実施。館内には、型破りなパフォーマンスや、銃や大砲を扱った作品、金属の廃材に新しい生命を吹き込んだ作品など、独自の世界を展開する榎忠さんの作品が展示される。

 また、公開期間中の特定日には夜間の延長開館も開催。昼間とは異なる空間で作品を鑑賞できるほか、外観のライトアップも行われ日没後の「風の教会」をじっくり楽しめる。

期間
2019年9月13日(金)~11月24日(日)
時間
10:00~17:00(※受付終了は16:30)
場所
風の教会(六甲の教会)
(神戸市灘区六甲山町西谷山)
GoogleMapで探す
入場料
単館入場券500円(4歳以上一律)
※単館入場券のほか、「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」の鑑賞チケットでも入場可能
関連イベント
「風の教会」夜間延長開館
開催日 10月18日(金)~20日(日)、22日(火・祝)、25日(金)~27(日)、11月1日(金)~24日(日)の毎日
時間
18:30まで(18:00受付終了)
※平常の開館時間は10:00~17:00(受付終了16:30)
問い合わせ
六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019 インフォメーション
TEL 078-891-0048(10:00~17:00)

この記事
をシェア

Kiss PRESS編集部:徳岡

ピックアップで掲載中

続きを読む