神戸市立王子動物園 コアラの赤ちゃん一般公開 神戸市灘区

 神戸市立王子動物園(神戸市灘区)で12月に産まれたコアラの赤ちゃんが母親の袋から顔を出し始め来園者を和ませている。

 コアラの赤ちゃんは、昨年、名古屋市東山動植物園から同園に来園したピーター(オス・3歳)と神戸市立王子動物園生まれのウメ(メス・5歳)の子ども。母子ともにコアラ舎の展示場で公開中だが、赤ちゃんはまだ母親のお腹の袋に入っていることが多く見れないこともあるという。また、赤ちゃんの名前は後日、来園者から募集する予定となっている。

 同園では今年度に入ってからフラミンゴ(4月)やカリフォルニアアシカ(6月)も誕生しており、小さくて愛らしい姿を見ることができる。

続きを読む