このイベントは終了しました。

『生誕110年記念 三岸節子展 ~私は燃えつづける~』  神戸市東灘区

文化功労者に顕彰された女流画家のデビュー作から93歳の大作まで

 香雪美術館(神戸市東灘区)で現在、『生誕110年記念 三岸節子展 ~私は燃えつづける~』が開催されている。期間は5月15日まで。

 愛知県生まれの洋画家・三岸節子(1905~1999年)は、女子美術学校(現・女子美術大学)を首席で卒業し、その年に洋画家・三岸好太郎と結婚、翌年には女性として初の春陽会入選という華々しい画壇デビューを飾った女流画家の第一人者。31歳の若さで急逝した好太郎さんの亡き後、3人の子どもを抱え苦しい生活と困難に直面しながらも創作活動を続け、ほとばしる色彩から情熱と力強い生命力を感じさせる作品の数々を世に送り出した。

 本展では生誕110年を記念して、デビュー作「自画像」から93歳の大作「さいたさいたさくらがさいた」まで約50点を展示し、画業と激動の人生をたどる。会期中の3月17日と4月10日には孫・三岸太郎氏による講演が、毎週土曜日には学芸員によるギャラリートークが行われる。

開催期間
3月17日(木)~5月15日(日)
時間
10:00~17:00(入館は16:30まで)
場所
香雪美術館
(神戸市東灘区御影郡家2-12-1)
アクセス
阪急「御影駅」徒歩約5分
入館料
一般800(600) 円、高・大学生500(400)円、中学生以下無料
※( )内は20人以上の団体料金
関連イベント
ギャラリートーク
会期中の毎週土曜日14:00~
問い合わせ
香雪美術館
TEL 078-841-0652

この記事
をシェア

Kiss PRESS編集部:下村

続きを読む