秋の篠山散策

ゆったり気ままに大人旅 『秋の篠山散策』

風情ある城下町、丹波立杭焼の素朴な味わい
気ままな大人旅が似合う季節がやってきた

兵庫県の中東部に位置する「篠山市」。情緒あふれる城下町に心地よい秋風が吹き、山々も色付きはじめる10月。篠山では名産・丹波篠山黒豆や丹波栗もふっくらおいしい旬を迎えます。
今回はそんな秋の篠山を巡る大人旅をご紹介。童心に返る陶芸教室に、地元産素材を使った食事にスイーツ、心ときめく雑貨店。時間を忘れて楽しめる気ままな休日を、今年は篠山で過ごしてみませんか。

 

伝統工芸を気軽に 丹波立杭焼をつくる

 

◎丹波伝統工芸『立杭 陶の郷』

兵庫県の伝統的工芸品である「丹波立杭焼」は瀬戸、常滑、信楽、備前、越前と並び日本六古窯の一つに数えられ、その発祥は平安時代末期から鎌倉時代のはじめといわれています。窯が開かれてからおよそ800年、丹波立杭焼の窯元では一貫して日用雑器を主体に湯呑や皿、壷、花瓶など「生活用器」の生産を行っているそう。

実際に陶芸を体験してみたいと訪れたのは、丹波伝統工芸公園「立杭 陶の郷(すえのさと)」。1時間半ほどで本格的な丹波立杭焼の作品を作ることができます。こちらの特徴は焼成の行程をプロの窯元が行うこと。その作品の形や細かな傷、それぞれが作った味を活かし、窯元がそれに合った釉薬の色を使って仕上げてくれます。

 

広々とした陶の郷の陶芸教室、手ぶらで体験できます

広々とした陶の郷の陶芸教室、手ぶらで体験できます

陶芸教室の棚には見事な作品の数々が並びます。どれも味のある作品たち

陶芸教室の棚には見事な作品の数々が並びます

丁寧に教えてくださった若生さん、いざ体験してみると手際の良さにびっくり

丁寧に教えてくださった若生さん、手際の良さがすごい!

 

【陶芸教室で粘土細工を体験】

こちらでは「粘土細工」もしくは「絵付け」を体験できます。今回は「粘土細工」でお椀作りに挑戦してみました。

体験1

1. 始めに厚さ1センチほどの土台を作り、底の大きさを決めて、余分な粘土を竹べらで切り取ります。右手の下に左手を添えるのがポイント。

体験2

2. その上に細長く伸ばした粘土を一周ずつ重ねていくのが「紐づくり」の方法。

体験3

3. 1周巻くごとに外側・内側の両方から境界を潰し、丁寧に形を整えていく。

体験4

4. これを繰り返して高さを出し、湯呑み型を作った後に外側を広げてお椀型に。

体験5

5. 底の部分から余計な粘土を取り除く。

体験6

6. 側面や底の内側に模様付け、色んな型のスタンプがある中から好きな形をチョイス。

体験7

7.  私は魚型のスタンプにしました。細い紐を器にあて、手前にゆっくり引いてろくろ台から引きはがします。

体験8

8. 成形が終了。出来上がりは約1ヶ月半〜2ヶ月程度待ってから。作品の発送には送料が必要となります。

 

【陶芸体験コース料金】
●粘土細工(所要時間:約1時間30分)小(500g)1,200円、大(900g)1,700円

※製作できる作品点数は小は1点、大は2点まで。
※出来上がりの釉薬の色は窯元任せになります。色のご指定はできません。
※別途、入園料と出来上がり作品の発送には送料が必要。

●絵付け(所要時間:約30分)湯呑700円、皿(直径約15cm)800円

 

体験時間や料金など詳しくは「陶の郷」公式サイトで
→陶の郷|陶芸体験について

 

 

体験教室から出て階段を上がると「窯元横丁」があり、たくさんの丹波立杭焼の作品を見学・購入することができます。

施設内の「窯元横丁」には52軒の窯元の作品が集結、お手頃価格から購入できます

施設内の「窯元横丁」には52軒の窯元の作品が集結

作品が置かれた部屋を覗くとそれぞれ個性溢れる作品が販売されている

作品が置かれた部屋を覗くとそれぞれ個性溢れる作品が販売されています

 

同じ「丹波立杭焼」でも作家さんによって仕上がった作品は様々。1,000円以下のお手頃価格から販売しているので、お気に入りの作家さん・作品を選んでみては。

 

施設名 丹波伝統工芸 立杭 陶の郷(すえのさと)
所在地 兵庫県篠山市今田町上立杭3
開館時間 〈4月〜9月〉AM10:00〜PM6:00
〈10月〜3月〉AM10:00〜PM5:00
TEL 079-597-2034
定休日 年中無休
公式サイト https://tanbayaki.com

 

掲載情報は2017年10月6日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。