花時計広場に「ラグビー・ウォールギャラリー」設置

※イメージ(写真は大阪府・東大阪市 東大阪市花園ラグビー場での掲出模様)
 神戸市役所(神戸市中央区)2号館北側の花時計広場で行われている工事の仮囲いに、「キャノンラグビーウォールギャラリー」が設置されている。5月頃まで掲出予定。

 キャノンでは、ラグビーワールドカップ2019(TM)の機運醸成を目的に、各開催都市で同ギャラリーを設置。大判プリンター「imagePROGRAF」を使用し、ラグビーの迫力ある大型写真を高耐候性メディアで印刷・掲示するプロジェクトとなっている。

 今回の神戸での設置により、試合を開催する12都市全てで実施(撤去済み含む)が完了となる。神戸にて試合を行う8チームのうち4チーム(イングランド・スコットランド・アイルランド・南アフリカ)が、パスやタックルなどのプレーをしている様子を大型写真で展示。また、御崎公園球技場で行われる試合日程や大会公式マスコット「レンジー」の紹介も行われる。
期間 2019年2月8日(金)~5月頃
場所 花時計広場北側壁面
(神戸市中央区加納町6丁目5-1)
GoogleMapで探す

掲載日:2019/2/9 16:00
Kiss PRESS編集部:永山

人気の記事



Page Top