『ART LEAP 2018 道具とサーカス』神戸市兵庫区

 神戸アートビレッジセンター(神戸市兵庫区)で2月23日から『ART LEAP 2018 道具とサーカス』が開催される。3月17日まで。

 作家と連携した展覧会づくりを重視し、枠に問わられない表現の可能性を追求する展覧会を行う同センターでは、30代から40代の芸術家を対象に公募プログラム「ART LEAP」を2018年度より開始。

 第1回目の出展作家となる「tuQmo(ツクモ)」は、ポールやエアリアルフープなどを使った空中パフォーマーであるERIKA RELAX(エリカリラックス)と美術家の池田精堂により結成されたパフォーマンスユニット。彼らは道具の使い手と作り手として、互いの持つ技術や身体と物の関係、そこに派生してくる可能性について色々な視点で探りながら活動しているという。同展は約10ヶ月間の制作期間を経て、新たな道具ができるまでの思考プロセスと、その道具がもたらす空間で構成される。会期中には「tuQmo」によるパフォーマンスのほか、トークイベントやポールダンスなどのワークショップが行われる。  
日程 2019年2月23日(土)~3月17日(日)
場所 神戸アートビレッジセンター
(兵庫区新開地5丁目3番14号)
GoogleMapで探す
開館時間 12:00〜19:00
入場料 無料
問い合わせ 神戸アートビレッジセンター
TEL 078-512-5500

掲載日:2019/2/11 16:00

人気の記事



Page Top