神戸市立王子動物園にユキヒョウが来園 神戸市灘区

 神戸市立王子動物園(神戸市灘区)に12月20日にユキヒョウが来園した。

 ユキヒョウは中央アジアの標高2000~6000メートルの高地に生息。尾は丸みがあり、厚い毛で覆われている。野生下の生息数は約3900~6400頭と推定され、IUCNレッドリストでは、絶滅の危険が増大している種である「VU(絶滅危惧II類)」 に分類。

 同園では2016年9月11日にオスの「ティアン」(当時13歳)が死亡して以来、メスの「ユッコ」(9歳)1頭のみを飼育。今回来園したユキヒョウは1歳のオスで、今後は「ユッコ」との間で繁殖に取り組むという。また公開は園内に慣れてから行われるほか、今後は名前の募集も予定されている。
来園日 2019年12月20日(木)~※同園に慣れてから公開
場所 神戸市立王子動物園
(神戸市灘区王子町3-1)
GoogleMapで探す
問い合わせ 神戸市立王子動物園
TEL 078-861-5624(代表)

掲載日:2018/12/22 16:00

人気の記事



Page Top