明石市立文化博物館『明石の近世Ⅱー出土品が語る城下のくらしー』 明石市

和蘭陀人人形(長寿院)
化粧道具(武家屋敷)
通い徳利(町屋)
 明石市立文化博物館(明石市)で11月3日から12月9日まで、企画展『明石の近世Ⅱー出土品が語る城下のくらしー』が開催される。

 同展は、明石市内の遺跡から出土した資料を中心に取上げ、そこから明らかにされた先人たちの暮らしぶりを広く知ってもらおうと、毎年開催されているシリーズ展で、今回は昨年開催された「発掘された明石の歴史展 明石の近世-明石城築城時の姿-」に続き、江戸時代後半期の姿を紹介。化粧道具や下駄、火鉢、仏神具などからその当時の武士や町人の暮らしぶりを見ることができるほか、長寿院(明石市)に埋葬された藩主の正室や子息の墓から出土した工芸品なども展示される。また会期中には、講演会やシンポジウム、展示企画に関連したウォーキングイベントも行われる。
【関連イベント】
「講演会とシンポジウム」
開催日 11月3日(土・祝)
時間 13:00~16:30(※3部制)
場所 同館2階大会議室
参加費 無料(要当日有効の観覧券)
定員 80人
申し込み締切 10月20日(土)必着

「展示関連ウォーク」
開催日 11月4日(日)
時間 13:30~16:00
見学コース 山電人丸前駅改札口~長寿院~雲晴寺~亀の水~本松寺~明石神社~明石市立文化博物館(全行程約1.8キロ)
参加費 300円(資料代)
定員 20人
申し込み締切 10月20日(土)必着

「講演会 」
開催日 12月1日(土)
時間 13:30~15:30
場所 同館2階大会議室
参加費 無料(要当日有効の観覧券)
定員 80人
申し込み締切 11月20日(火)必着
開催日 2018年11月3日(土・祝)~12月9日(日)
※月曜休館
開館時間 9:30~18:30(入館は18:00まで)
場所 明石市立文化博物館
(明石市上ノ丸2丁目13-1)
GoogleMapで探す
入館料 大人200円、高・大学生150円、中学生以下無料
※関西文化の日11月23日(金・祝)、24日(土)は観覧料無料
問い合わせ 明石市立文化博物館
TEL 078-918-5400

掲載日:2018/10/8 16:00

人気の記事



Page Top