このイベントは終了しました。

柿衛文庫 秋季特別展『芭蕉の手紙』伊丹市

芭蕉書簡 正秀あて(部分) 柿衞文庫蔵
芭蕉筆「ふる池や」句短冊  柿衞文庫蔵
 芭蕉の筆蹟研究の第一人者である岡田柿衛が創設した柿衛(かきもり)文庫(伊丹市)で10月6日から 秋季特別展『芭蕉の手紙』が開催される。11月11日まで。

 「古池や蛙飛びこむ水の音」や「奥の細道」など数々の名句や名作を発表したことで知られている松尾芭蕉。同展では、彼が書いた「手紙」から知ることが出来る日々の考えや、人間性を紹介する。また、関連イベントとして講演会や俳句朗読会、学芸員によるスライドトークなどが催され、芭蕉の世界を思う存分堪能できる。担当者は、「手紙から芭蕉のさまざまな表情を読みとる楽しさを、ぜひご堪能ください。」と呼び掛けている。
期間 2018年10月6日(土)~11月11日(日)
時間 10:00~18:00
※入館は17:30まで
場所 公益財団法人柿衞文庫
(伊丹市宮ノ前2-5-20)
GoogleMapで探す
観覧料 一般700円、大高生450円、中小生350円

関連イベント一部有料・要申し込み(詳しくはこちら
休館日 月曜日
※祝日にあたるときはその翌日
問い合わせ 公益財団法人柿衞文庫
TEL 072-782-0244

掲載日:2018/9/12 00:00

人気の記事



Page Top