人と防災未来センター『六甲山の災害展』 神戸市中央区

 六甲山麓でこれまで発生した災害を紹介する『六甲山の災害展』が8月14日から26日まで人と防災未来センター(神戸市中央区)で開催される。

 同展では、昭和13(1938)年の阪神大水害、昭和42(1967)年の豪雨災などの被害・復旧状況などを紹介するパネル展示や記録映像の放映などを実施。また、土石流を再現し、家屋・道路の被害の様子や治山ダムが整備されている場合の土砂の流出を防止する効果を体感できる実験装置や、土石流の発生から流下状況を3D立体映像装置で再現する実演コーナーも展開される。そのほか、災害地域の危険度や避難時に必要な情報を掲載している「兵庫県CGハザードマップ」をはじめとしたインターネット情報も紹介されており、災害の恐ろしさと同時に避難の重要性を実感することができる。
開催期間 2018年8月14日(火)~26日(日)
時間 ・月~木 9:30~18:00(入館は17:00まで)
・金・土 9:30~19:00(入館は18:00まで)
場所 人と防災未来センター
(神戸市中央区脇浜海岸通1-5-2)
GoogleMapで探す
料金 無料
※施設を見学する場合、別途入館料が必要
問い合わせ TEL 078-262-5050

掲載日:2018/8/11 00:00

人気の記事



Page Top