ナガサワ文具センターの万年筆インク「Kobe INK物語」奨励賞を受賞

 神戸市に本社を置く文房具専門店「ナガサワ文具センター」の万年筆インク「Kobe INK物語」が、第10回日本マーケティング大賞の奨励賞を受賞した。

 その年を代表する新しいマーケティング方法やビジネスモデルの開発を積極的に促し、消費者の生活の向上と経済・社会の活性化に資する活動を奨励した商品を決める「日本マーケティング大賞」において、奨励賞を神戸市の企業が受賞したのは今回が初。文具業界においても初めての受賞となる快挙だという。

 2007年から発売されている万年筆インク「Kobe INK物語」とは、街から見た六甲の山なみをモチーフにした「六甲グリーン」や旧居留地の街並みをイメージした「旧居留地セピア」など、神戸の景色や街並みをテーマに生まれた67色が展開されている(2018年6月時点・限定色除く)。当初は神戸を代表する「山・海・街」の3色を発売、少しずつ神戸の万年筆愛好家の間で広がりはじめ、低迷していた万年筆インク市場で単一ブランドで年間3万個の生産量を記録した。発売から約10年で開発されたインクは限定色を含め80色以上、神戸のお土産として人気を博すほか、米国、豪州、台湾など海外にも出荷されている。

 6月4日に東京都内で行われた表彰式に登壇したナガサワ文具センターの竹内直行商品開発室長は「今回の受賞は今までの苦労をすべて忘れるくらい嬉しかった。 日本は万年筆においては海外に後れを取っているので、これを機にぜひ手書きの良さをもっとたくさんの方に知ってほしい」と喜びの声を語った。また、今後については「思いを伝えるのはやはり手書きの文字なので、受賞をきっかけに若い世代にも知ってもらえれば嬉しい。これからも『神戸から手書き文化のすばらしさ』を発信できれば」とコメントしている。6月29日にはデザイン・クリエイティブセンター 神戸(KIITO/神戸市中央区)にて受賞記念の講演会が実施されるといい、神戸の魅力を体験するプログラム「おとな旅・神戸」の公式サイトにて申し込み受付予定。
特別講演会 日時 6月29日(金)16:30〜(受付16:00)
場所 デザイン・クリエイティブセンター神戸/KIITO
  (神戸市中央区小野浜町1-4)
GoogleMapで探す
参加無料
申し込み方法 こちらから
問い合わせ 「おとな旅・神戸」運営事務局
TEL 078-599-7110(平日9:30〜18:00)

掲載日:2018/6/7 16:00

人気の記事



Page Top