このイベントは終了しました。

横尾忠則現代美術館 兵庫県政150周年記念事業『横尾忠則 画家の肖像』 神戸市灘区

ポスター(デザイン:横尾忠則)
 横尾忠則現代美術館(神戸市灘区)で5月26日から8月26日まで、兵庫県政150周年記念事業『横尾忠則 画家の肖像』が開催される。

 1965年の自主制作ポスター『TADANORI YOKOO』以来、横尾は自身の姿をたびたび作品に登場させている。1960年代後半から若者文化を牽引し、作品のみならず作家自身のイメージまでもがメディアによって拡散されてきた横尾にとって、主観と客観が混在する自身の肖像は特別なテーマであったといえる。また、グラフィックデザイナーから画家へ転身する1980年初頭には、確立したデザイン手法を封印し、絵画の中に自分らしさを求めて、多種多様な自画像を描き始めた。

 同展は二部構成となっており、第一部では、移り変わる関心のままに主題や様式を変化させてきた横尾の根底にある自己探求のプロセスを「自画像」というテーマから探る。虚像としての横尾忠則像を自ら複製する1960年代後半から70年代、試行錯誤を繰り返し様々な手法で自身の姿をモチーフとして取り入れる1980年代、少年期の記憶から自身を見つめる1990年代、日常の延長をスナップ写真のように描きとめる近作など自画像の変遷が紹介される。第二部では横尾が影響を受けた画家の肖像を展示。そこには師であり仲間でもある先人たちへの敬意や共感、批評など様々な思いを垣間見ることができる。

 担当者は「自己と他の画家との間を往還する「画家の肖像」が、“変幻自在の画家”横尾忠則の道程を辿る機会となれば幸いです」と語っている。
開催期間 2018年5月26日(土)~8月26日(日)
※月曜休館(月曜日が祝日の場合は翌火曜日が休館)
開館時間 10:00~18:00(金曜日、土曜日は20:00まで)
※入場は閉館30分前まで
場所 横尾忠則現代美術館
(神戸市灘区原田通3丁目8-30)
GoogleMapで探す
入館料 一般 700(550)円、大学生 550(400)円、70歳以上 350(250)円、高校生以下 無料
※()内の料金は20人以上の団体の料金
※障がい者(70歳以上除く)は各観覧料金の半額、介護者1人は無料
問い合わせ 横尾忠則現代美術館
TEL 078-855-5607

掲載日:2018/5/9 16:00

人気の記事



Page Top