淡路島国営明石海峡公園で「寒咲きナノハナ」が見ごろ 淡路市

 淡路市の淡路島国営明石海峡公園・移ろいの庭に植えられた「寒咲きナノハナ」が、1月上旬から2月中旬にかけて見ごろを迎える。

 ナノハナは春を代表する花の1つであるが、同園では冬から開花する早生品種の「寒咲きナノハナ」約7000株を植栽し、一足早い春を感じることができる。1月13日と14日には、1人5本まで持ち帰り可能な摘み取り体験も実施される。

 また同園では、恐竜をテーマにしたイベント『あわジオフェスティバル2017』も開催中。ティラノサウルスの頭部化石のレプリカやアンモナイトの化石などが展示されている。
期間 2018年1月上旬~2018年2月中旬
開園時間 9:30~16:30
場所 淡路島国営明石海峡公園
(淡路市夢舞台8-10)
GoogleMapで探す
入園料 大人(15歳以上)410円、子ども(小中学生)80円、シルバー(65歳以上)210円、6歳未満無料
問い合わせ 明石海峡公園管理センター
TEL 0799-72-2000

掲載日:2017/12/24 16:01

人気の記事



Page Top