映画『ラスト・プリンセス ―大韓帝国最後の皇女―』

©2016 DCG PLUS & LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
 ホ・ジノ監督が大韓帝国初代皇帝高宗(コジョン)の娘・徳恵翁主(トッケオンジュ)の実話をもとに、脚本に4年をかけて映画化した『ラスト・プリンセス ―大韓帝国最後の皇女―』が元町映画館(神戸市中央区)にて上映される。期間は9月16日から10月1日まで。

<ストーリー>日本統治時代、大韓帝国の初代皇帝・高宗の娘として生まれた徳恵翁主(ソン・イェジン)は、日韓併合の推進と朝鮮皇室の消滅を図る政略に巻き込まれ、わずか13歳で日本へ留学させられてしまう。祖国に帰れる日だけを待ちわびながら月日は流れ、大人となった彼女の前に、幼なじみのキム・ジャンハン(パク・ヘイル)が立派な青年となって現れる。大日本帝国軍に従事する一方、密かに朝鮮独立運動に尽力していたジャンハンは、王朝復興のために徳恵と皇太子である兄王を上海へ亡命させようと計画する。信念に突き動かされた者たちは、激動の歴史の中で想像を絶する運命に身を投じていくが…。
タイトル 『ラスト・プリンセス ―大韓帝国最後の皇女―』
上映期間 2017年9月16日(土)~10月1日(日)
劇場 元町映画館(神戸市中央区元町通4-1-12)
GoogleMapで探す
監督・脚本 ホ・ジノ
出演 ソン・イェジン、パク・ヘイル、ユン・ジェムン、パク・ユンシク、戸田菜穂、コ・ス ほか

掲載日:2017/9/10 00:00

人気の記事



Page Top