阪神のレジェンド・八木裕、吉本新喜劇の新星・酒井藍がジェダイ姿でファーストピッチセレモニーに登場

 映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描いた最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が12月15日に公開されることを記念し、9月3日に阪神タイガース対中日ドラゴンズ 公式戦が行われた阪神甲子園球場(西宮市)にてファーストピッチセレモニー「スター・ウォーズ ナイター」が開催された。

 ダース・ベイダーを受け継ぐ存在カイロ・レンがストームトルーパーと共にマウンドに現れ、球場全体がダークサイドに支配される中、ジェダイローブに身を包んだ2人が登場。ローブを脱ぎ、幾多の阪神タイガースの窮地を代打で救った“伝説(レジェンド)”八木裕さんと史上初の女性座長として注目を集める吉本新喜劇の“新星”酒井藍さんが姿を現すと、会場は大きな歓声で包まれた。当日は「KIDSスペシャルデー」ということでバッターボックスに入った少年がホームベース上に立ってしまうというハプニングが発生、八木さんがマウンドから大きなジェスチャーで立ち位置を指示するほか、MCのかまいたちが「そこホームベースの上ですよ〜!」とツッコミを入れる一幕もあり、観客からは笑いが起こっていた。最後に、かまいたちが「阪神タイガースよ、フォースと共にあらんことを!」とエールを送り、場内が一段と活気づく中、セレモニーは締めくくられた。

 八木さんと酒井さんは最新作で活躍が期待されるルークとレイを思わせることから選ばれたといい、イベント終了後「マウンドに立つ機会は現役の時にはなかったので、非常に興奮したし、良い思い出になりました(八木)」「“マドンナ(ヒロイン)”の役をするのが初めてなのですが、その初めてがスター・ウォーズで嬉しかった(酒井)」と興奮した様子でそれぞれコメント。八木さんが現役選手や子どもたちに伝えたいことを聞かれ「夢を持って“自分はきっとできる”と思ってまっしぐらに進んでほしい」と話すほか、「今日の恰好はBB-8を意識しているんですよね?」と投げかけられた酒井さんは「そーそーそー。オレンジと白で結構色合い可愛いでしょ。私人間ですねん!」とお馴染みのギャグで笑いを誘った。

掲載日:2017/9/4 16:00

人気の記事



Page Top