『初音ミク×手塚治虫展~冨田勲が繋いだ世界』コラボビジュアル追加展示 宝塚市

 手塚治虫記念館で10月23日まで開催中の『初音ミク×手塚治虫展~冨田勲が繋いだ世界』に新たなコラボビジュアルが追加展示されている。

 同展は、冨田勲の生誕85周年と初音ミクの10周年を記念して開催。冨田勲と初音ミクがコラボした「イーハトーヴ交響曲」「ドクター・コッペリウス」の解説パネルや、初音ミクの3DCGモデルが「リボンの騎士」を歌うミニシアター、等身大フィギュアなどが紹介されているほか、「鉄腕アトム」や「どろろ」「三つ目がとおる」「火の鳥」などクリエーターが新たに描き下ろした「初音ミク×手塚作品」のコラボビジュアルの展示、手塚治虫タッチの初音ミクなど約40点を見ることができる。

 今回追加されたコラボビジュアルは、初音ミクのキャラクターデザインを手掛けたイラストレーター・KEI氏の作品で、初音ミクと手塚作品『火の鳥』が1枚に描かれている。
展示期間 2017年8月9日(水)~10月23日(月)
開館時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
場所 手塚治虫記念館
(宝塚市武庫川町7-65)
GoogleMapで探す
入館料 大人700円(560円)、中高生300円(240円)、小学生100円(80円)
※()内は10人以上の団体料金
休館日 水曜日
※8月中は開館
問い合わせ 宝塚市立手塚治虫記念館
TEL 0797-81-2970

掲載日:2017/8/23 16:00

人気の記事



Page Top