映画『ギフト 僕がきみに残せるもの』

©2016 Dear Rivers, LLC
 難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を宣告された元アメリカン・フットボール選手が生まれてくる息子に贈るために撮った1500時間にも及ぶビデオダイアリーをもとにしたドキュメンタリー映画『ギフト 僕がきみに残せるもの』が8月19日より公開される。

<ストーリー>アメリカン・フットボールの最高峰、NFL。ハリケーン“カトリーナ”に襲われたニューオーリンズの災害後、市民が待ちに待ったホームゲームでチームを劇的な勝利に導いたスティーヴ・グリーソンはヒーロー的存在になっていた。それから5年後。すでに選手生活を終えていたグリーソンにある日、ALSの診断が告げられる。そして、同じ頃、妻ミシェルの妊娠も発覚。「生きている間に、我が子に会うことができるのだろうか」「生まれ来る子のために、自分は何が残せるのだろうか」と思い悩むグリーソンは、まだ見ぬ子どもに贈るために、毎日ビデオダイアリーを撮り続けることを決意する—。
タイトル 『ギフト 僕がきみに残せるもの』
公開日 2017年8月19日(土)
監督 クレイ・トゥイール
出演 スティーヴ・グリーソン、ミシェル・ヴァリスコ、エディ・ヴェダー(パール・ジャム)、スコット・フジタ ほか

掲載日:2017/8/3 00:00

人気の記事



Page Top