須磨海浜水族園 企画展『スマスイ生まれの子どもたち』 神戸市須磨区

スイゲンゼニタナゴの稚魚
 5月10日から7月9日まで、神戸市須磨区の須磨海浜水族園で企画展『スマスイ生まれの子どもたち』が開催されている。

 同園では昨年度バンドウイルカやゴマフアザラシなどの誕生が話題になり、春を迎えた現在も続々と新しい命が誕生している。今回はここ半年以内に園内で誕生した様々な生き物を特集して展示。同園が人工繁殖によって種の保存に取組んでいる絶滅危惧種の希少淡水魚スイゲンゼニタナゴや、アマゾン川に生息する淡水エイ・ポルカドットスティングレイをはじめ、水槽内で自然繁殖したヨツメウオ、ガラルファ、コバルトヤドクガエルの子どもが公開される。通常は大きくなるまで裏側で飼育されているため見ることのできない子どもたちが成長していく姿を見ることができる。
タイトル 企画展『スマスイ生まれの子どもたち』
開催期間 2017年5月10日(水)~7月9日(日)
時間 9:00〜17:00(入園は16:00まで)
場所 神戸市立須磨海浜水族園 世界のさかな館 身近な生き物コーナー
(神戸市須磨区若宮町1-3-5)
GoogleMapで探す
アクセス JR「須磨海浜公園駅」から徒歩約5分
山陽電鉄「月見山駅」から徒歩約10分
入園料 大人(18歳以上)1,300円、中人(15~17歳)800円、小人(小・中学生)500円、幼児無料
展示種 ・スイゲンゼニタナゴ(体長約1㎝) 20個体
・ポルカドットスティングレイ(体長約15㎝) 2個体
・ヨツメウオ(体長約6㎝) 5個体
・ガラルファ(体長約1.5㎝) 20個体
・コバルトヤドクガエル(体長約2㎝) 4個体
※生物の状態により、展示魚種及び展示数を変更する場合あり。
問い合わせ 神戸市立須磨海浜水族園
TEL 078-731-7301

掲載日:2017/5/13 00:00

人気の記事



Page Top