須磨海浜水族園で初、ゴマフアザラシの赤ちゃん誕生

 神戸市立須磨海浜水族園(神戸市須磨区)にゴマフアザラシのメスの赤ちゃんが誕生し、3月13日から一般公開されている。同園でのゴマフアザラシの繁殖は初めて。

 「ワカメ」(推定4歳)と父親の「コンブ」(推定5歳)の間に体長約67.5センチ、体重約7.6キロで誕生。母親に寄り添う姿が観覧客を和ませている。生まれて間もなくは白い毛に覆われているが、生後2~3週間で成獣と同様のゴマ斑模様の毛に生え換わるという。

 同園では、赤ちゃんを含め計6頭のゴマフアザラシを飼育。赤ちゃんの誕生にあわせて、ゴマフアザラシの生態や繁殖などに関する企画展が4月9日まで開催され、エコー検査で撮れた赤ちゃんの映像を交えた動画やクイズコーナーを楽しむことができる。
一般公開開始日 2017年3月13日(月)
時間 9:00~17:00(入園は16:00まで)
※夜間開園時は公式サイトを確認
場所 神戸市立須磨海浜水族園 アザラシふれあいプール「シールピース」
(神戸市須磨区若宮町1-3-5)
GoogleMapで探す
入園料 大人(18歳以上)1,300円、中人(15~17歳)800円、小人(小・中学生)500円、幼児無料
関連企画展 期間 2017年3月14日(火)~4月9日(日)
場所 神戸市立須磨海浜水族園 イルカライブ館標本展示室
問い合わせ 神戸市立須磨海浜水族園
TEL 078-731-7301

掲載日:2017/3/18 00:00

人気の記事



Page Top