このイベントは終了しました。

キングコング・西野『えんとつ町のプペル展』神戸会場でトークショー実施

 現在、“おもしろ絵本作家”として活動するキングコング・西野亮廣(にしのあきひろ)さんの絵本原画展『えんとつ町のプペル展』が神戸別品博覧会会場(神戸市中央区)にて開催されている。1月21日、同会場でトークショーが行われ、西野さんが来場した。

 制作に4年半を費やした全41ページの絵本原画を特殊なフィルムにプリントし、後ろからLEDライトで光を当て、暗い会場内にステンドグラスのような“光の絵”を浮かび上がらせる同展。下絵やキャラクター設定、完成までの流れなどの製作過程を紹介するパネルも展示され、入場無料で観賞できる。日によっては展示会会場までの階段に列が出来るほど人気を博しているという。

 約1時間行われたトークショーでは絵本の解説や裏話が語られるほか、観客からの質疑応答も実施されるなど様々な内容で繰り広げられ、チケットを獲得した65人が参加した。全国の展示会を多数回るほど熱烈なファンだという30代女性は「次の作品についてなど今回初めて聞けた話もあって嬉しかった。新作も楽しみです」と話した。終演後、西野さんはトークショーについて「こんなにお客さんと近い距離で話す機会もあまりないので楽しかった。僕の場合はクラウドファンディングだったり分かりやすく支えてもらっているのでファンの方々に対して感謝の気持ちは大きい。展示会やトークショーなどにもたくさんの方に来ていただいてありがたいですね」と話し、「次に作りたいのは『えんとつ町のプペル』の映画。30代で1回ディズニーに勝ちたいですね(笑)。ここらでぎゃふんと言わせたいです!」と次作への意気込みも語った。

 『えんとつ町のプペル展』は1月29日まで開催されている。

掲載日:2017/1/24 16:01

人気の記事



Page Top