『第113回 赤穂義士祭』 赤穂市

 「忠臣蔵」の物語として知られる元禄赤穂事件が発生した12月14日、主君のために討ち入りを果たした赤穂四十七士らを偲ぶ『赤穂義士祭』が今年も赤穂市のいきつぎ広場とお城通り周辺で行われる。

 イベントの目玉である「忠臣蔵パレード」では、当時の赤穂藩主の参勤交代を再現した「大名行列」を皮切りに、煌びやかな姫装束に身を包んだ赤穂義士娘が人力車に乗って登場する「義士娘人力道中」、殿中刃傷の場・討ち入りの場など忠臣蔵の名場面を車上で演じる「山車」、そしてメインとなる四十七義士に扮した「義士行列」が赤穂城跡大手門からいきつぎ広場までを練り歩く。また、今年は歌舞伎俳優の2代目中村梅雀が大石内蔵助役として義士行列に特別出演するほか、パレードアナウンスとしてラジオパーソナリティ・タレントの浜村淳が参加し、祭りを盛り上げる。13日には「義士追慕の前夜祭」が行われ、花岳寺や大石神社で約1000個の灯篭によるライトアップが実施される。

 また、12月8日から義士祭当日の14日までを「忠臣蔵ウイーク」とし、赤穂市内各所で様々な催しや各店舗で特別企画を実施。今年は、昨年まで開催されていた「天守閣イルミネーション」とはひと味違った演出で、赤穂城跡本丸庭園と二之丸庭園をライトアップする「幻燈庭園」が実施される。そのほか、期間中に赤穂市立図書館で「忠臣蔵イラスト展」や、赤穂城大手門前で、赤穂義士に扮したボランティアスタッフと一緒に記念写真が撮れる催しも行われ、赤穂の街が「忠臣蔵」一色となる。
タイトル 『第113回 赤穂義士祭』
時間 10:00~15:00
場所 いきつぎ広場・お城通り周辺
GoogleMapで探す
関連イベント 「忠臣蔵ウィーク」
開催期間 2016年12月8日(木)〜14日(水)
場所 赤穂市内各地
【幻燈庭園】
開催期間 2016年12月8日(木)〜14日(水)
時間 17:30~21:00
場所 赤穂城跡本丸庭園・二之丸庭園(赤穂市上仮屋1番地)
GoogleMapで探す
入場料 無料
【忠臣蔵イラスト展】
開催期間 2016年12月8日(木)〜14日(水)
時間 10:00~18:00 ※12日は休館日、14日は16時まで
場所 赤穂市立図書館(兵庫県赤穂市中広907)
GoogleMapで探す
入館料 無料
【撮らんか~れAKO あこうのまちで義士と一緒に記念撮影】
開催日 2016年12月10日(土)・11日(日)
時間 10:00~16:00
場所 赤穂城大手門前(赤穂市上仮屋1番地)
GoogleMapで探す
料金 無料
問い合わせ 赤穂義士祭奉賛会事務局(赤穂市役所内)
TEL 0791-43-6839

掲載日:2016/11/23 00:01

人気の記事



Page Top