企画展『手塚治虫を装丁する』

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

このイベントは終了しました。

企画展『手塚治虫を装丁する』

漫画界の巨人、手塚治虫の作品を、斬新なカバーでいま蘇らせる。
「手塚治虫を装丁する」は、「漫画にして文学。漫画にして哲学。漫画界の巨人、手塚治虫。その深遠なる作品を、斬新なカバーでいま蘇らせる。」と銘打って、装丁・装画家が手塚マンガのオリジナルブックカバーをデザインする企画です。
装丁とは、いわば本のパッケージ。装丁・装画家はその本のイメージを膨らませ、どのような雰囲気で本を見せるかを考えます。同じ本でもカバーの雰囲気で読む前に感じる印象は異なり、また、物語の展開とともにページをめくっていくときの紙の感触は、読む楽しみや読後の記憶につながるものです。今回は、日本図書設計家協会に所属する装丁・装画家が、手塚マンガ12作品に挑んだ装丁を、手塚治虫の直筆原稿と合わせて展示するとともに、装丁作業の工程、紙や書体の種類によるイメージの違いなど実物を並べて紹介します。また、手塚マンガを数多く手がけた多田和博さんの装丁、西口司郎さんの装画などを展示します。
斬新な装丁によってさまざまな表情を見せる、手塚マンガの魅力をお楽しみください。

写真

詳細情報

開催期間
3月1日(木)~6月25日(月)
開館時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)
会場
手塚治虫記念館
宝塚市武庫川町7番65号
休館日
毎週水曜
(ただし、4月4日、5月2日は開館)
入館料
大人700円(560円)、中高生300円(240円)、小学生100円(80円)
※( )は10人以上の団体料金
アクセス
JR・阪急「宝塚」駅 花のみちを徒歩8分
阪急「宝塚南口」駅 宝塚大橋を渡り徒歩5分
問い合わせ
宝塚市立手塚治虫記念館 TEL:0797-81-2970

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる