神コレ_新2

千葉雄大、城田優、田口 淳之介、河北麻友子、朝比奈彩、ゆりやんレトリィバァなど「神コレ」舞台裏で出演後インタビュー

『神戸コレクション 2017 AUTUMN/WINTER』が9月3日、ワールド記念ホール (神戸市中央区)にて行われた。“旅の支度をするように、わくわくした気持ちで、神戸コレクションに向けておしゃれを楽しんでほしい”という想いが込められた「LIKE A JOURNEY」をテーマに、モデルをはじめとした約135人が出演。過去最高人数となる1万3783人が来場し、盛り上がりを見せた。

神コレ1
江崎グリコステージで登場した千葉雄大さん、ライブを披露した田口 淳之介さんをはじめ、今年注目の秋冬トレンドファッションに身を包み華やかなショーを展開した河北麻友子さん、朝比奈彩さん、シークレットゲストの安藤なつさん(メイプル超合金)、アカデミー賞授賞式のネタで会場を沸かせたゆりやんレトリィバァさんに舞台裏で出演後の感想や神戸への印象についてインタビュー。また、5年ぶりの出演となった城田優さんの囲み取材もレポートします。

千葉雄大さんに単独インタビュー

_MG_1348
—出演されてみていかがでしたか?

たくさんのお客さんがいて緊張しましたけど、あたたかく迎えてくださったので良かったです。うちわとか持ってくださっている方も見えて嬉しかったですね。

—昨年、同じ江崎グリコステージで女装姿を披露されて話題になっていましたが、今回はパピコのなめらかさを表現する洋服でのランウェイウォーク。衣裳はご自身でデザインされたとか?
前回はトリッキーな企画だったんですけど(笑)、今回はクリエイティブな感じで出演させていただいたので大人なステージになったかなと思います。 「2回目のウォーキングする時はなめらかにしてください」って言われていたので、クルクル回ったりしてみました(笑)。衣裳は絵でデザインを書いて、イ メージと合わせて作っていただきました。“なめらかさ”がテーマだったので、歩いた時になびくようにサテン生地にして、パピコのロゴの赤をベロア生地の襟 として入れ て、ステージ映えするような衣裳にしてもらいました。

—ちなみに、前回の女装の反響はいかがでしたか?
いじられることは多かったですね(笑)。顔の周りに手をおいてとか、いろいろアドバイスいただきながら撮影しましたね。

—今回の神コレのテーマには“わくわくした気持ちでおしゃれを楽しんでほしい”という想いが込められていますが、千葉さんにとってわくわくする時とはどんな時ですか?
仕事とプライベートのメリハリも大事だと思っているので、休みの日に友達とわいわいする時ですかね。あとは、新しい洋服を買った時は「次の日着ていきたいな」とかわくわくしますね。

—最後に、神戸といえばどんなイメージをお持ちですか?
オシャレなイメージ。街並みも綺麗ですし、港町のイメージも強くて船とかロマンチックな感じがしますね。

_MG_1354


【合同取材 コメント】
まだ始まって間もないステージでの出演だったんですけど、女の子のパワーがすごくて、楽しかったです。役者の仕事をしているとランウェイを歩くことなんて 少ないので、毎回緊張しますね。暗いところから出ていって、明るくなったらいきなり顔のアップから始まるので、かっこよく出ないといけないというプレッ シャーがありますよね。〈衣裳について〉サテン生地で女性らしくもありつつ、首元は黒でしめるというユニセックスな感じで作っていただきました。全部で8 着くらい書いてその中から選んだんですけど、洋服のデザインを作って着ることは今回がほぼ初めてだったので、貴重な体験でした。〈ボツになったデザインに ついて〉ちょっとなめらかすぎましたかね。何であれ書いたんだろうというのもあります(笑)。〈もし来年も出演できるとしたら〉会場でフライングとか (笑)?〈好きな女性のファッション〉モード系が好きなので、モノトーンの中に今年の秋冬ファッションで注目されているチェックを入れたりとか、いいです よね。〈今後挑戦したいことは?〉今年は舞台に挑戦するので、ドラマ・映画・舞台と垣根をつくらずにやっていけたらいいなと思います。あと、ずっとラジ オをやりたいなと思っていて。学生の時から勉強をしながらとかよく聞いていたので、いつかは自分の番組なんて出来たら嬉しいですね。

File0259

【次ページ】 田口 淳之介さんに単独インタビュー、城田優さん囲み取材レポート