神戸製鋼コベルコスティーラーズ『ジャパンラグビートップリーグ2018-2019』優勝

集まったファンから熱い歓迎を受ける一同
 ジャパンラグビートップリーグに所属する神戸製鋼コベルコスティーラーズが、『第56回日本ラグビーフットボール選手権大会』兼『ジャパンラグビートップリーグ2018-2019総合順位決定トーナメント』で優勝を手にした。

 12月15日に「トップリーグ2018-2019順位決定戦」の決勝が秩父宮ラグビー場(東京都)で開催され、神戸製鋼はトップリーグ3連覇を狙うサントリーサンゴリアスと対戦。今季加入した、元ニュージーランド代表のダン・カーター選手のキックをはじめとする攻めのプレーで序盤からボールを支配し、終盤まで快調に飛ばした。後半37分でヘイデン・パーカー選手のゴールが成功し、そのまま55対5という試合結果で終了。神戸製鋼が日本一の座に輝くのは、18年ぶり・10度目の快挙となる。トップリーグでは初代王者となった2003-2004シーズン以来となり、15季ぶり2度目の優勝。創部90年という節目を華々しく飾った。

 17日、チームからデーブ ディロンヘッドコーチ、前川鐘平共同キャプテン、アンドリュー エリス共同キャプテン、ダン カーター選手、福本正幸チームディレクターが神戸市長を表敬訪問し優勝を報告。また、この成績を称え「神戸市スポーツ特別賞」を受賞。久光喜造神戸市長は「今回のトップリーグ優勝は、神戸市民にとって大きな喜びであり、誇りであり、感激をいただきました」と祝辞を贈った。前川共同キャプテンは「勝てない時期が長く続きましたが、この春からチームがどんどん強くなっていき、結束力が強まっていくのを感じました。これからまた2連覇、3連覇と続けていきたいです」と語った。

掲載日:2018/12/19 16:00

人気の記事



Page Top