三宮の待ち合わせ場所“パイ山”新デザイン公募 最優秀賞50万円

広場周辺状況(立体模型写真)
従来の「さんきたアモーレ広場」(通称「パイ山」「でこぼこ広場」)
 阪急神戸三宮駅東口、JR三ノ宮駅西口の北側に位置し、待ち合わせ場所として親しまれてきた「さんきたアモーレ広場」通称“パイ山”(以下 アモーレ広場)の新デザインが公募されている。募集期間は来年2月6日まで。

 昭和60年に整備されて以来、多くの人で賑わいを見せていた同所は、2016年5月より神戸阪急ビル東館の建替にあたり工事ヤードとして使用するため封鎖。神戸阪急ビル東館の開業と同時、2021年春にアモーレ広場も復旧されるという。

 神戸市では、今年9月に策定した神戸三宮「えきまち空間」基本計画に基づき、三宮にある6つの駅と周辺のまちを一体的につなぎ、交通拠点としての機能や回遊性を高める空間の実現に向けて、官民が連携して取組みを進めている。アモーレ広場を含む三宮北西エリアは、最も先行して再整備が進むエリアであることから、より良い広場空間を創出すべく、新たなデザイン・アイデアを募るという。募集内容は、神戸三宮北西部の玄関口にふさわしい、より多くの人に愛される空間となるような広場のデザイン。待ち合わせしたくなるような空間、憩いやにぎわいを創出する活用アイデアを、周辺の建物と調和したデザインで募集し、選定委員会が作品を選定する。誰でも応募可能で、来年3月中旬頃に結果発表予定。最優秀賞(1点)には賞金50万円、入選(2点)には賞金5万円、アイデア賞(2点)には賞金5万円が贈られるという。三宮の新たな待ち合わせ場所としてどんな空間が誕生するのか。
募集期間 2018年11月20日(火)~2019年2月6日(水)
※応募登録は2019年1月18日(金)まで
結果発表 2019年3月中旬予定
※整備工事 2020年度、2021年春完成予定
応募方法 こちらから

掲載日:2018/11/28 00:00

人気の記事



Page Top