芦屋市立美術博物館 ザ・コレクション『星のようなーのこすこと/のこされるもの』 芦屋市

芦屋カメラクラブ 六甲山にて ハナヤ勘兵衛、中山岩太、紅谷吉之助、高麗清治 1930年
伊藤継郎 アトリエにて白髪一雄、村上三郎らと 1950年頃
大橋了介 《街角の風景》 1929-33年 油彩、布 芦屋市立美術博物館蔵
 芦屋市立美術博物館(芦屋市)で12月8日から来年の2月11日まで、ザ・コレクション『星のようなーのこすこと/のこされるもの』が開催される。

 同館では、美術作品とともにスケッチ帳や日記帳、手書きの原稿や写真資料など、作家の関係資料も収蔵・保管。谷崎潤一郎が小説『蓼喰う虫』の挿絵を依頼した小出楢重宛ての書簡や、滞欧時に楢重が家族や親しい人へ宛てた手紙をはじめ、藤田嗣治や荻須高徳らが書き綴った大橋了介への葉書、大橋と写る佐伯祐三や山口長男らの写真など私的な部分に触れる資料も多く存在している。

 同展では、小出楢重や大橋了介、伊藤継郎のほか、芦屋カメラクラブや具体美術協会の関係資料などを所蔵作品とともに紹介し、作家像やグループ像に迫る。また会期中には、講演会やワークショップ、ギャラリートーク、ガイドツアーも行われる。
講演「家族から見た作家像」
開催日 2019年1月20日(日)
時間 14:00~16:00
場所 同館講義室
料金 聴講無料(別途要観覧券)
語り手
桑田敬司(写真店「ハナヤ勘兵衛」4代目、ハナヤ勘兵衛曾孫)、
吉村有子(アーティスト・伊藤継郎孫)
聞き手
河﨑晃一(甲南女子大学教授)
定員 60人
※申し込み不要

ワークショップ「オリジナルの額に絵を飾ろう」
開催日 12月16日(日)
時間 13:30~16:30
場所 体験学習室
材料費 300円(別途要観覧券)
対象 小学生以上
定員 30人(申し込み多数の場合は抽選)
申し込み方法
電話(0797-38-5432)にて、氏名、住所、年齢(子どものみ)、電話番号を伝える
申し込み締切 12月7日(金)17:00まで

※その他のイベントは公式サイトから確認
開催期間 2018年12月8日(土)~2019年2月11日(月・祝)
開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
場所 芦屋市立美術博物館
(芦屋市伊勢町12-25)
GoogleMapで探す
入館料 一般500(400)円、大高生300(240)円、中学生以下無料
※( )内は20人以上の団体料金
※高齢者(65歳以上)及び身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、療育手帳所有の方、ならびにその介護の方は各当日料金の半額
問い合わせ 芦屋市立美術博物館
TEL 0797-38-5432

掲載日:2018/11/9 16:00

人気の記事



Page Top