ヴィッセル神戸 アンドレス・イニエスタ完全移籍加入

©VISSEL KOBE
 ヴィッセル神戸が東京で5月24日に緊急記者会見を行い、FCバルセロナ(スペイン)よりアンドレス・イニエスタ選手が完全移籍にて加入することが発表された。

 イニエスタは幼い頃からサッカークラブに所属。12歳からはFCバルセロナに入団し、世界的名プレーヤーとして称されている。20日には、22年間所属したスペイン1部リーグ「バルセロナ」の最終戦に出場。レアル・ソシエダードを破り、有終の美を飾ったことで話題となった。同チームはスペインのプロサッカーリーグ「リーガ・エスパニョーラ」で今季の優勝を手にしている。

 まず、楽天ヴィッセル神戸株式会社の三木谷浩史会長が登壇。「今回のイニエスタ選手加入は、チーム全体にとって大きな刺激となりユース世代向けのアカデミーへのメソッド導入を含め、次世代の育成にも寄与していくものと考えています。ヴィッセル神戸はアジアナンバー1のクラブになることを目指すとともに、同選手の加入が、日本のみならず、アジア全体のサッカー界の活性化にもつながるものと期待しています」とコメント。さらに「世界最高峰のプレースタイルと技術を見られることから、スタジアムに足を運んでくれるファンの大幅な増加を見込んでいる。(楽天の)様々なチャンネルを通じても国内外に発信し、ヴィッセル神戸やJリーグへ全体への注目を高めていく」と抱負を述べた。三木谷会長の呼び込みで登壇したイニエスタは、まず三木谷会長と熱いハグを交わし、その後双方が契約書にサイン。「私にとって今日は本当に特別な日です。自分にとって重要なチャレンジになる。ヴィッセル神戸に加入を決めた理由は、提示されたプロジェクトが興味深かったから。私にとって人として、プレーヤーとして信頼してくれたことが大きかった」と加入への心境を語った。イニエスタのチーム加入は、スペイン代表として出場する「2018FIFAワールドカップ ロシア」が終わる7月以降の見通しとなっている。
チーム ヴィッセル神戸
ホームスタジアム ノエビアスタジアム神戸
(兵庫区御崎町1丁目2番2号 御崎公園内)
GoogleMapで探す

掲載日:2018/5/24 17:30

人気の記事



Page Top