映画『のみとり侍』阿部寛が甲子園で始球式“侍魂入魂”のノーバン投球

 本日公開の映画『のみとり侍』のイベントが阪神甲子園球場(西宮市)で5月17日に実施され、主演の阿部寛が始球式を行った。

 今作は、江戸時代に実在した猫の蚤をとって日銭を稼ぐ仕事“蚤とり”稼業を題材に、その実態は女性に愛を奉仕する“添寝業”だったという創作を加えた、小松重男の傑作短篇集「蚤とり侍」を原作に映画化。左遷され裏稼業を命じられるエリート藩士・小林寛之進を演じた阿部をはじめ、寺島しのぶ、豊川悦司、斎藤工、風間杜夫、大竹しのぶ、前田敦子、松重豊、桂文枝と個性的なキャストが集い、“演技合戦”を繰り広げる。

 昨日行われた阪神タイガース vs 横浜DeNAベイスターズのナイター戦に、阿部が劇中で演じる小林寛之進として、ちょんまげ和装姿でマウンドに登場。羽織を脱いでタイガースカラー(黒と黄色の縦縞)の特注衣装を披露すると、観客からはどよめきが起こった。始球式初挑戦となった阿部だが、豪快なストレートでキャッチャーまでノーバウンドで見事に成功。球場は大きな拍手で包まれ、盛り上がりを見せた。

 始球式後の取材では、「劇中では寺島しのぶ演じるおみねに初の蚤とり業で『下手くそ!』と罵られたが、「今回の投球は寺島さんにも『上出来だった』と言ってもらえると思います」と自身の投球を評価。「初の始球式を“野球の聖地”甲子園でやらしていただいて感無量。必死のパッチでやるしかないと思って頑張りましたが、どうやって投げたか記憶になくて…撮影よりも今日の方が緊張しました」と感想を述べ、「練習はさっき7、8球くらいで肩が痛くなってしまって、しかも全然届かなかったんですけど、本番では届いて良かったです。この(タイガースカラーの)衣装を見た時、最初は派手だなぁと思いましたがまたの機会があれば着たいと思います(笑)」と笑顔でコメント。また、首位の広島カープを追いかける阪神タイガースに対して「シーズンもまだまだこれからだと思いますので、是非1位になってほしいです」とエールを送った。最後に今作について「艶っぽいシーンもありますが、大笑いして頂ける作品。作品を作られた鶴橋監督は『後妻業の女』という大阪の映画も作られていましたが、本作もすごく面白い作品になっていますので、是非劇場に笑いに来てください」とアピールした。

掲載日:2018/5/18 12:00

人気の記事



Page Top