オリーブの樹に囲まれ『神戸煉瓦倉庫マルシェ』神戸市中央区

 神戸ハーバーランドの海沿いにある神戸煉瓦倉庫で4月1日より『煉瓦倉庫マルシェ』が開催される。

 神戸煉瓦倉庫再生プロジェクトが主催し、定期的に開催されている同イベント。兵庫県の地場産業や伝統工芸品、県内の無農薬・有機栽培野菜、パン屋やコーヒーショップなどこだわりの商品と作り手が集まり兵庫県の“いいもの”が多数並ぶ。日本において神戸がオリーブ園発祥の地とされることから、昨年10月には樹齢約150年を4本、樹齢約300年を3本、樹齢約500年を1本の計8本のオリーブの樹が設置され、より心地よい空間となった。夜にはライトアップも行われるという。

 今年度は4月1日、5月6日、6月3日、9月2日、10月7日、11月4日の年6回の実施を予定。4月1日には、同エリアでハンドメイド作品が販売される『ハーバーマーケット』も行われる。
日時 2018年4月1日(日)、5月6日(日)、6月3日(日)
2018年9月2日(日)、10月7日(日)、11月4日(日)
11:00~16:00
場所 神戸煉瓦倉庫 神戸煉瓦倉庫駐車場横
(神戸市中央区東川崎町1-5-5)
GoogleMapで探す
問い合わせ 神戸煉瓦倉庫まちづくり実行委員会
TEL 078-362-2710

掲載日:2018/3/12 16:01

人気の記事



Page Top