このイベントは終了しました。

神戸ファッション美術館『今森光彦 自然と暮らす切り紙の世界 ―里山のアトリエで生まれる命たち』

パンサーカメレオンとパキポディウム
 7月13日から、神戸市東灘区の神戸ファッション美術館で展示会『今森光彦 自然と暮らす切り紙の世界 ―里山のアトリエで生まれる命たち』が開催される。10月9日まで。

 四季の変化を身近に感じ、豊かな自然に寄り添いながら生活を続ける自然写真家でありながら、ペーパーカットアーティストの顔も持つ今森光彦氏。同展では、雑誌「家庭画報」で連載されていた『オーレリアンの庭』をはじめ、『かくれんぼどうぶつえん』『どうぶつ島たんけん』など、今森氏の著作から精選された最新の切り絵作品や里山の自然を切り取った写真など約200点が展示される。また、里山のアトリエで作品作りを行う今森氏のライフスタイルも合わせて紹介され、自然と生きものを愛する温かな思いにも触れることができる。
タイトル 『今森光彦 自然と暮らす切り紙の世界 ―里山のアトリエで生まれる命たち』
開催日時 2017年7月13日(木)〜10月9日(月・祝)
10:00〜18:00
場所 神戸ファッション美術館
(神戸市東灘区向洋町中2-9-1)
GoogleMapで探す
アクセス 六甲ライナー「アイランドセンター駅」から徒歩すぐ
入館料 一般 500円(400円)、小・中学・高校生・65歳以上 250円(200円)
※「神戸ゆかりの美術館」、「小磯記念美術館」へは当日入館券の半券提示により割引料金で入館可能。
※( ) 内は30名以上の団体料金
※上記料金で特別展示とベーシック展示の両方を観覧可能。
問い合わせ 神戸ファッション美術館
TEL 078-858-0050

掲載日:2017/6/11 16:01

ハチドリとトケイソウ
雑木林の中で一息。
キアゲハは、花が大好きだ。

人気の記事



Page Top