神戸ゆかりの美術館 企画展『アカデミー・バーの壁画を描いた作家たち』 神戸市東灘区

 神戸ゆかりの美術館(神戸市東灘区)で4月8日から、企画展『アカデミー・バーの壁画を描いた作家たち』が始まる。6月25日まで。

 1922年、当時の関西学院前(現在の王子動物園付近)に開業したことから名付けられた「アカデミー・バー」は、谷崎潤一郎や佐藤春夫などの文化人が集う神戸の文化サロンとして知られていた。戦後間もなく三宮へ移転すると店に白い漆喰壁が作られ、1950年頃から順次、訪れた芸術家たちによって様々な寄せ描きが行われた。

 「アカデミー・バー」は昨年2月に解体、残った壁画は切り取り神戸市へ寄贈された。洋画家で文化勲章受賞者の小磯良平をはじめ、詩人・竹中郁や芸術家・中村真など16人の作家が描いたこの壁画は神戸にとって文化的な価値を持つという。同展では、小磯良平「二人の女」や竹中郁「アトリエにて」など、壁画を描いた作家たちの1950年から60年代ごろの作品を中心に展示。また期間中は、バーの2代目店主・杉本紀夫さんによるトークイベントや子ども向けのワークショップといった関連イベントも実施される。
開催期間 2017年4月8日(土)~6月25日(日)
※月曜休館
時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
場所 神戸ゆかりの美術館
(神戸市東灘区向洋町中2-9-1)
GoogleMapで探す
アクセス 六甲ライナー「アイランドセンター駅」から南東へ徒歩すぐ
入館料 一般200(150)円、小中高生100(50)円、65歳以上100(50)円
※()内は30人以上の団体割引料金
問い合わせ 神戸ゆかりの美術館
TEL 078-858-1520
関連イベント ・杉本紀夫(元アカデミー・バー店主)によるトークイベント「アカデミー・バーと壁画の思い出」
日時 2017年4月8日(土)14:00~15:00
定員 先着60人(当日11:00~整理券配布)

・学芸員と作品を鑑賞するギャラリー・ツアー
日時 2017年4月22日(土)、5月6日(土)、20日(土)、6月3日(土)、17日(土)13:30~
所要時間 約30分

・子供のための美術講座子供のための美術講座「郁さんにチャレンジ!絵とすてきな詩をかくよ!」
日時 2017年5月21日(日)14:00~16:00
参加費 無料
定員 10人(応募者多数の場合は抽選)
申し込み 往復ハガキまたはFAXに必要事項(住所・名前・年齢・電話番号)を記入の上、返信宛名面にも郵便番号・住所・名前を明記し下記へ応募。1枚で2人まで記入可
住所 〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中2-9-1 神戸ゆかりの美術館
FAX 078-858-1522
締切 2017年5月11日(木)必着

掲載日:2017/4/6 16:00

人気の記事



Page Top