特別展『丹波焼と三田焼の粋を集めて-森基コレクションの名品-』 篠山市

「青磁桐鳳凰文盃洗」
 兵庫陶芸美術館(篠山市)で現在、特別展『丹波焼と三田焼の粋を集めて-森基コレクションの名品-』が開催されている。期間は5月28日まで。

 実業家・森基(もりはじむ)さんは、兵庫県下で製作された代表的な古陶磁である丹波焼(篠山市)と三田焼(三田市)に魅せられ、50年以上にわたり精力的に収集している。これまでに、同館や他館で開催された陶磁器の企画展や書籍などで部分的に公開は行ってきたが、今回初めて約160点の作品を一堂に公開。丹波焼と三田焼の基本的な特徴を知ることができる入門編となっている。

 森さんのコレクションには、丹波焼と三田焼それぞれの特徴を明快に示す作例がまんべんなく含まれており、丹波焼における装飾技法の歴史的変遷をたどることや、三田焼の代名詞となっている青磁だけでなく、染付や色絵などの絵付け技法を駆使した豊富なバラエティーを楽しむことができる。

 また、4月29日には森さんによるトークショー「私の蒐集物語-丹波焼と三田焼への愛を語る-」や特定の土曜日には同館学芸員によるギャラリートークも実施される。
開催期間 2017年3月4日(土)~5月28日(日)
開館時間 3月31日まで 10:00~18:00 
4月1日から5月28日まで 10:00~19:00
※ただし4月29日から5月5日までは10:00~21:00
(入館はいずれも閉館の30分前まで)
場所 兵庫陶芸美術館
(篠山市今田町上立杭4)
GoogleMapで探す
観覧料 一般1,000(800)円、大学生800(600)円、中学生以下無料
( )内は特別割引および20名以上の団体割引料金。
※高校生・高齢者・障がい者は割引制度あり。詳しくは美術館に問い合わせ。
休館日 月曜
※ただし3月20日(月・祝)は開館し、3月21日(火)は休館
関連イベント トークショー「私の蒐集物語-丹波焼と三田焼への愛を語る-」
※要申し込み
開催日時 4月29日(土祝)14:00~15:30(開場13:30)
場所 兵庫陶芸美術館 研修棟1階 セミナー室
参加費 無料(別途要観覧料)
講師 森基(もりはじむ)
定員 110人

「ギャラリートーク」
開催日 2017年3月25日(土)、4月8日(土)、4月22日(土)、5月6日(土)、5月20日(土)
時間 11:00より1時間程度
参加費 無料(別途要観覧料)
申し込み。問い合わせ 兵庫陶芸美術館
TEL 079-597-3961

掲載日:2017/3/19 16:00

人気の記事



Page Top