中谷美紀1

『黒蜥蜴(くろとかげ)』中谷美紀さんにインタビュー

―神戸が舞台となった映画『繕い裁つ人』にも主演で出演されていましたが、撮影を振り返ってみていかがですか?
神戸は過ごしやすい街ですね。高層ビルが少ないので空の分量が多くて、人間らしい暮らしが営めるのではないかなと思いました。食も美味しいですよね。撮影期間中はお休みがなかったので観光はできなかったのですが、神戸牛をいただきました。三浦貴大さんがカレーライスが得意料理だとおっしゃっていたので、神戸牛入りで作って欲しいとお願いしたところ、全員分のカレーを作ってくださり、美味しかったです。よくよく考えるとカレーに神戸牛を入れるのは贅沢でしたね(笑)。

―最後にメッセージをお願いします。
三島由紀夫さんが書かれた作品の中でも最も分かりやすいエンターテインメントです。名探偵・明智小五郎と女盗賊・黒蜥蜴の究極の愛の物語、ヒリヒリするようなロマンティックなラブストーリーを、ぜひ劇場でご覧いただきたいです。

 

中谷 美紀 Miki Nakatani
1976年1月12日生まれ。東京都出身。1993年に女優デビュー。『壬生義士伝』(03/滝田洋二郎監督)で日本アカデミー賞優秀助演女優賞、『嫌われ松子の一生』(06/中島哲也監督)で同賞最優秀主演女優賞、『自虐の詩』(07/堤幸彦監督)で同賞優秀主演女優賞、『ゼロの焦点』(09/犬童一心監督)で同賞優秀助演女優賞、『阪急電車 片道15分の奇跡』(11/三宅喜重監督)で同賞優秀主演女優賞、『利休にたずねよ』(13/田中光敏監督)で同賞優秀助演女優賞を受賞。2011年に初舞台『猟銃』で紀伊國屋演劇賞個人賞、読売演劇大賞優秀女優賞、2013年の『ロスト・イン・ヨンカーズ』では読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞。2017年10月21日(土)から放送 WOWOW連続ドラマW「東野圭吾『片想い』」主演。

『黒蜥蜴(くろとかげ)』

1
美貌の女盗賊“黒蜥蜴”が繰り広げる耽美と闇の世界

一代で財を築いた宝石商・岩瀬庄兵衛は、「娘の早苗を誘拐する」という脅迫状に脅え、私立探偵の明智小五郎を雇う。大阪のホテルに身を潜める父娘の隣室には、岩瀬の店の上客である緑川夫人が宿泊していたが、実は彼女こそ、誘拐予告をした張本人の女賊・黒蜥蜴。黒蜥蜴は、部下の美しい青年・雨宮を早苗に紹介すると見せかけ彼女を奪い去ると、そうとは知らずに犯人を警戒し続ける明智の前に、何食わぬ顔で現れる 。クールでいながら、「犯罪」へのロマンティックな憧れを隠さない明智に魅入られた緑川=黒蜥蜴は言う。 「要するにあなたは報いられない戀(こい)をしてらっしゃる。犯罪に對(たい)する戀(こい)を」。明智はすかさず切り返す。 「でも己惚れかもしれないが、僕はかう思うこともありますよ。僕は犯罪から戀(こい)されてゐるんだと」自信に満ちたその態度を裏打ちするかのように、明智は見事に早苗を奪還してみせる。しかし、黒蜥蜴は怯まない。美の狩人・黒蜥蜴VS.名探偵・明智小五郎の勝負は、報われない結末に向かってさらにヒートアップしてゆく…。

原作 江戸川乱歩
脚本 三島由紀夫
演出 デヴィッド・ルヴォー
出演 中谷美紀、井上芳雄/相楽樹、朝海ひかる、たかお鷹/成河 ほか

【大阪公演】2018年2月1日(木)〜5日(月)〈チケット発売中〉
場所:梅田芸術劇場メインホール(大阪市北区茶屋町19-1) ※未就学児童は入場不可
料金:S席 12,500円、A席 9,000円、B席 5,000円(全席指定・税込)
問い合わせ:梅田芸術劇場メインホール 06-6377-3800(10:00〜18:00)
http://www.umegei.com/kurotokage/