head

ダンスエンターテインメント『バーン・ザ・フロア』より、西川貴教にインタビュー

世界30ヵ国以上で上演、日本では過去10回の来日公演で約50万人を魅了してきた『バーン・ザ・フロア』。バラエティに富んだジャンルのダンスを多彩な楽曲にのせて繰り広げる究極のダンスエンターテインメントとなっています。そんな熱いショーを繰り広げる「バーン・ザ・フロア」カンパニーがさらに進化して大阪公演を実施。“ロック”と“クラシック”の融合をテーマに、QUEENのヒットナンバーで展開します。さらに今回、日本人初のスペシャル・ゲストシンガーとして圧倒的な歌唱力を持つアーティスト・西川貴教さんの出演が決定。公演にかける意気込みを語っていただきました。

 パフォーマンスに負けない歌を披露しないと、
同じステージには立てない

―世界中で上演され、来日公演も10回行っている『バーン・ザ・フロア』ですが、シンガーとしては日本人初の出演となります。今のお気持ちを教えてください。
とても緊張しますが、世界的なダンサーの皆様とコラボレーションできるまたとない機会と思っています。

日本人初ということで、選ばれた際の率直な感想をお願いします。
「誰と間違ってるんだろうな」というのを何度も確認しました。「え?『バーン・ザ・フロア』ですよね?僕ですか?」と。僕は踊りで売ってきていませんし、出たところで何ができるんだろうと思っていたのですが、話を聞くと歌でコラボレーションということで、歌に注目していただけて本当に光栄です。

―特に楽しみにされていることはありますか?
これまでの舞台やミュージカルで経験したことがない、また触れたことがないペアダンスや競技ダンスといったものを見るだけではなく、同じ板の上で目の当たりにする機会をいただけたので彼らからたくさん刺激を受けて自分の成長に繋げていきたいです。

mg1215_1230

―実際に韓国で上演をご覧になったそうですが、圧倒されたポイントやイメージが変わった点はありますか?
ダンスもそうですし、踊っている彼らの身体能力にも圧倒されました。実際に拝見するとスポーツを観ているような感覚に近かったです。皆さんはご存知ないかもしれませんが、僕も“多少”筋肉を鍛えていますので(笑)、そういった意味でも、細部に至るまでの筋肉の動きなどが素晴らしかったです。僕も公演に向けてトレーニングメニューを変更しています(笑)。僕らは音楽で会場全体の空気をいかに揺らせるかが勝負だと思っていますし、それが生の魅力だと思うんですが、彼らはまさに体で表現し空気を揺らしている。そんな彼らのパフォーマンスに負けない歌を披露しないと、同じステージには立てない。皆さんにも、ぜひ空気の振動を体感してもらえればと思います。

PR

ひょうごマニア『冬のおトクなキャンペーン』
ひょうごマニア『冬のおトクなキャンペーン』

ひょうごマニア『冬のおトクなキャンペーン』

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる