kobetrip

KOBE TRIP 山中亮平 × 貴島明日香[Kobe City Cruise Weeks]

web_header_sake兵庫県は日本酒の生産量が日本1 位で国内の4分の1のお酒を生産しており、特に神戸を中心とした灘五郷では六甲山地の水源とお米、さらに六甲おろしによる「寒造り」の条件も整い日本一の酒どころとして名を馳せています。

今回は、沢の鶴を訪問。広報・宮崎さんに日本酒についてお話を聞きながら、酒造りの歴史を資料館内を見学しました。

IMG_1581

江戸時代末期に建造され170年以上の歳月を経てきた昔の酒蔵を資料館として公開。創業300年を誇る沢の鶴の貴重な酒造りの道具や灘酒の伝統文化を展示しています。

_IMG_1623

「昔ながらの酒造りを工程に沿って追体験できる構造にしています」と広報・宮崎さんの説明で館内をぐるっと1周。「普段から日本酒を飲みますが製法については知らないことばかり。昔の酒造りの工程を見ながら、宮崎さんに現代の製法も一緒に教えてもらえて楽しかったです」と山中選手。貴島さんも「初めて見る道具がたくさんありましたが、使い方や名称が表示されているのでわかりやすかったです」と話していました。

_IMG_1707

いくつかのお酒を試飲させてもらうことに。宮崎さんと話す貴島さんの横で飲む手が止まらない山中選手は、「沢の鶴さんのこだわりを聞いたあと、そして特別に館内で飲ませていただいたので何倍にも美味しく感じますね」とニッコリ。

兵庫県三木市吉川町にある「実楽」という地域の山田錦100%を使った「特別純米酒 実楽山田錦」を試飲した貴島さんは「これは女性でも飲みやすい!」と笑顔を見せていました。中でも2人が絶賛したのは「古酒仕込み梅酒」。沢の鶴が3年以上かけて熟成させた上質な南高梅を使用し、かつてないまろやかで芳醇な味わいを実現。「これはおいしすぎる!」と併設ショップでお土産に購入していました。

 

【取材協力】「沢の鶴資料館」
神戸市灘区大石南町1丁目29番1号
TEL 078-882-7788
営業時間 10:00~16:00
休館日 水曜日、盆休み、年末年始
https://www.sawanotsuru.co.jp/site/company/siryokan/

 

▶▶▶そのほか、神⼾で灘五郷を楽しめるお店をご紹介。

「さけやしろ」
ポートピアホテル内レストラン・日本料理「神戸たむら」プロデュースによる、料亭のまかない料理の数々と灘五郷の日本酒を類多く取り揃え気軽に和食と日本酒が愉しめるカジュアルなお店。

sakeyasiro

神戸市中央区下山手通1-1-5 フジヤビルディング1F
TEL 078-334-7339
営業時間 16:00~23:00(L.O.)
定休日 日曜日、祝日

 

 

「黒十スタンド」
山野に自生する日本原産の「自然薯」といったこだわりの食材や地元の美味しい野菜をを使った一品料理と、灘の日本酒が楽しめる。神戸中央区・トアウエストに位置する気軽に過ごせる“和バル”。

cocteay_shopinfo_stand

神戸市中央区北長狭通3-12-3
TEL 078-332-3131
営業時間 平日16:00~24:00 / 土日祝12:00~24:00
定休日 不定休
http://www.cocteau-jp.com/cocteau-stand/

 

掲載情報は2020年7月10日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。