inter_hisashi

ロックバンド「GLAY」より、HISASHIに単独インタビュー

この25年。
皆さんのいろいろな環境、生活の中で「GLAY」は鳴っていた

―このベストアルバムを引っ提げて、この春からはいよいよ25周年の総括となる海外ロングツアーとドームツアー『GLAY DOME TOUR 2020 DEMOCRACY 25TH “HOTEL GLAY GRAND FINALE”』を開催予定。また新たな伝説が生まれようとしています。
25周年の最後はド派手に迎えたいですね。ドーム公演というのはバンドと僕らを好きでいてくれているみんなの確認の場みたいなものだと思っているので、お互いにとっての25周年をお祝いする場にしたいです。いろいろなことがあったけれども、僕らは変わらずバンドを続けて、“GLAY”を皆にまだこれからも届けていきたいなという想いがある。そして皆もこれからもっといろいろなエンタテインメントに触れて、どんどん明るく、ポジティブな方向に向かってくれればいいなという気持ちがあります。

―ファンの皆さんにとっての25周年でもあると。
そうですね。ドームという同じ場所に集まるまでに、皆さんにもいろいろな卒業や決意があると思うんですよ。これまで「学校に行っていて遠征できなかった」とか「子どもがいてライブに行けなかったけど、今は独り立ちした」とか。この25年、皆さんのいろいろな環境、生活の中で「GLAY」は鳴っていたんじゃないかと思います。僕らは本当に休まずに活動してきたので。

―25年、皆さんの生活にいつも寄り添ってきたわけですね。
しかも僕たちは初期の曲もすごく大切にしているので、いまだにライブでも全然やるんですよ。そういう曲を皆で共有できるということは、とってもありがたい存在だと思っています。

―皆の25年分の想いが詰まったドーム公演。構想などはありますか?
“HOTEL GLAY”をコンセプトにしながらも、僕らにとって『REVIEW II ~BEST OF GLAY~』を出したというのはかなり大きな事なので、25年を振り返ってやっぱり「曲たちにも感謝しないといけないな」という想いが強かったんです。だからシングルが多めの構成になるんじゃないかと思っています。

―最後に、ファンの皆さんへメッセージをお願いします。
「エンタテインメント」が試される2020年だと個人的にも感じています。なので僕らも皆が前向きになるような音やメッセージを大事にして、これからも活動できるよう頑張ります。ぜひ皆さん応援してください!

GLAY with Kiss (9)
撮影(インタビュー分):秀村安奈
取材:中野耕史(Kiss FM KOBE サウンドクルー)
文:永山喜子

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる