sakurasweets

春を彩る、神戸の「桜スイーツ」

ふたつぢゃや

_IMG_1161

元町と御影に店舗を構える神戸育ちの老舗和菓子屋・二つ茶屋の姉妹店。「和菓子をもっと身近なものとして気軽に味わってほしい」と阪神魚崎駅前に和菓子カフェとしてオープンし、団子や大福などの生菓子をメインに提供しています。

さくら餅 170円(税別)
〈販売期間:4月中旬まで(予定)〉

_IMG_1167

“お花見の定番”と言っても過言ではない「さくら餅」。元町と御影では関西で多く見られる道明寺粉製のさくら餅を販売していますが、こちらでは、より米のつぶつぶ感が残る餅米を使用し、中にはなめらかなこし餡を。 香りの良い、塩漬けした桜の葉と一緒に召し上がれ。

桜あん団子 140円(税別)
〈販売期間:5月末まで(予定)〉

_IMG_1133

しっかりとした弾力があり、米本来のおいしさが感じられる団子も春の装いに。桜の葉を混ぜ込んだほんのり塩気のある桜あんをふわりと咲かせた可憐な一品です。「酒粕あん団子」は酒どころ・灘五郷の一つ、日本酒「福寿」を醸す神戸酒心館とコラボレーションした定番商品。そのほか2種類は季節によって変わるそう。

季節の上生菓子「初桜」 310円(税別)
〈販売期間:2週間ほどで随時時桜のデザイン変更〉

_IMG_1126

雪平(せっぺい)と呼ばれる求肥餅で白あん包み込んだ「初桜」は、桜を見た時のようにふっと優しい気持ちになれる上品な味わい。上生菓子は、季節の移ろいに合わせて通常3〜4週間ほどで随時入れ替わるため、その時々に並ぶラインナップをチェックして。3〜4月には開花していくまでの様子を表現した、桜モチーフの上生菓子も随時販売されるそうです。

_IMG_1074

 

写真提供:ふたつぢゃや

写真提供:ふたつぢゃや

和菓子を使ったカフェメニューも充実し、木漏れ日が心地よい空間で、ゆったりと味わうことができます。毎月様々なワークショップも開催中!

_IMG_1082

ショーケースに並ぶ商品もドリンク注文でイートイン可能。子どももふらっと立ち寄れるようにとショーケースは低めに設置され、中学生まではドリンクの持ち込みOK。店主の優しさがつくる落ち着き空間で和菓子を味わう…癒し効果抜群です。

_IMG_1185

店頭には、可愛いハンドメイド雑貨も!

_IMG_1087

店名 ふたつぢゃや
住所 神戸市東灘区魚崎中町4-8-1
営業時間 10:00~18:00
定休日 木・日曜日
TEL 078-453-0558
公式サイト https://futacha.com/
公式インスタグラム @futachakobe

撮影:秀村安奈
取材・文:木下あづさ

掲載情報は2020年3月23日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。

PR

夢に日付を。輝く未来を。ワールドグループ。
夢に日付を。輝く未来を。ワールドグループ。

夢に日付を。輝く未来を。ワールドグループ。