choco2

Valentine’s Day 2020「100粒のチョコレート」

Goncharoff(ゴンチャロフ)

IMG_9329

現在は異人館の街として多くの観光客が訪れる神戸北野町で1923年に誕生した洋菓子メーカー「ゴンチャロフ」。定番商品として、トリュフチョコレートのような口どけのよいチョコレート「メッセ神戸」や、ラングドシャとチュイール2種類の生地をくるっと巻き込んで中に独自ブレンドのチョコレートを流し込んだ「コルベイユ」が知られている。「ウィスキーボンボン」を日本で初めて作ったと言われているのはゴンチャロフだとか。

全国に店舗を構えるが「さんちか店」では、店舗限定のボンボンチョコレートを販売。全12種類、一粒から購入できる。

goncha_box

goncha

01.大吟醸
ホワイトチョコレートの甘さに負けない、北海道の大吟醸酒をしっかりと感じられる。上層のスイートチョコが味を引き締める。

02.ミント
清涼感のあるミントで香り付けしたスイートチョコレートガナッシュ。見た目のインパクトに負けないクオリティ。

03.あまおう
甘味と酸味のバランスが良い福岡県産「あまおう」をピューレにしてガナッシュに。一口食べればイチゴの芳醇な香りが口いっぱいに広がる。

04.マンゴーレモン
ホワイトチョコにコアントロー(リキュール)で香り付けしたマンゴーとレモンを加えたガナッシュ。果物のおいしさが凝縮されたトロピカルな味わい。

05.オランジュ
オレンジの甘酸っぱさだけでなく苦味までも感じる本格派。まろやかに包み込むミルクチョコレートとの相性は言うまでもない。

06.ピスターシュ
人気急上昇のピスタチオフレーバーのスイーツ。ふんわりと優しく香るピスタチオにホワイトチョコを組みわせたなめらかなガナッシュ。

07.フィグ
ペルー産カカオのスイートチョコがベースのイチジクのガナッシュ。ピンクのジュエリーシュガーをトッピングした、乙女心をくすぐるかわいさ。

08.フランボワーズ
真っ赤なハートで存在感◎ スイートチョコレート、ラズベリーのコンフィチュール、ホワイトチョコを重ねたこだわりのひと粒。

店名 ゴンチャロフ さんちか店
住所 神戸市中央区三宮町1-10-1
営業時間 10:00~20:00
 TEL 078-391-3563
アクセス 各線「三宮駅」から徒歩約5分
 公式サイト  https://www.goncharoff.co.jp/

 

MIOR(ミオール)

IMG_9327

イギリス王室御用達の店やドイツのコンディトライ、フランス各地のMOF(フランス最優秀国家職人)の称号を持つ“天才シェフ”から受け継いだ洋菓子の技と、日本独特の感性を結び誕生した洋菓子ブランド。

「美しいは美味しいにつながる」をコンセプトに、チョコレートの他にもケーキや焼き菓子などを販売している。

ショコラクルール 6個入1,300円(税別)

ショコラクルール 6個入1,300円(税別)

mior

ショコラクルール
6つの味をアソートにした期間限定品。お手頃価格のため、カジュアルなギフトや゛友チョコ”、自分へのプレゼントにも最適。可愛らしく上品なボックスで女性への贈り物としてもおすすめ。

01. トリュフ
カカオ感の強いチョコレートを使用。表面はパリッ、中はしっとりクリーミーな仕上がりに。口の中でほどけていくような新食感を体感できる。

02. 抹茶
挽きたての抹茶のような渋さや濃さ、フレッシュ感が最大限に表現された1粒。まろやかなホワイトチョコレートが抹茶の風味に寄り添う。

03. パレ・ダルジャン
奥行きと深みを感じるコーヒーのガナッシュ。ヘーゼルナッツのコクと香ばしさが優雅さをもたらす。憩いのひと時にもおすすめの安らぐフレーバー。

04. キャラメルサレ
コクのあるキャラメルガナッシュを風味豊かなミルクチョコでコーティング。フランスゲランド産の塩(フルードゥセル)のほのかなしょっぱさがアクセント。

05. ロッシェ・レ
アーモンドとヘーゼルナッツのザクザク食感が弾ける一粒。香ばしくナッティな風味に負けないカカオのコクや力強さも絶妙にマッチしている。

06. タンザニア
希少価値の高いタンザニア産カカオを使用。苦み、アロマティックでフローラルな香り、フルーティーな香りが見事に共存した贅沢な1粒。

店名 MIOR(ミオール)
住所 (神戸本店)神戸市中央区三宮町1丁目10番1号 さんちか7番街
TEL 078-391-1211
営業時間 10:00~20:00
定休日 不定休
公式サイト http://mior.jp/
掲載情報は2020年2月1日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。