rokko02

〈レポート〉「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」“アートな一日”体験

 

title04

開催期間中は様々なアーティストの公開制作、ワークショップなどを見学・参加することもできます。

取材時には、『第22回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)』で特別賞を受賞したアーティスト・國久真有(くにひさ まゆ)さんの公開制作が行われていました。

_IMG_0791

國久真有 公開制作「BPM」(作品展示場所にて実施 ※雨天中止)〈六甲オルゴールミュージアム横「せせらぎの散策路」内〉

 

_IMG_0730

_IMG_0777

_IMG_0748

_IMG_0728

「自分に素直な線を描きたい」と自身の体を限界まで伸ばし、縦横3メートルの大きなキャンバスに様々な色の線を描いていく國久さん。幾重にも重なり、色合いを変えていく円が生み出すアートはまさに圧巻。色はその時の気持ちの表れであり、日や時間によって常に変化していくのだそう。

完成したアートは近づいたり、離れてみたり、角度を変えて見学してみて。

このほか、自らがアーティストになれるワークショップや、巨大なソフトクリームのオブジェが出現するイベントなど、スケジュールはこちらで確認。

國久真有 プロフィール

 


title02

おとぎ話に出てくるキャラクターのように愛らしいフォルム、でも少し不気味でちょっと怖い。そういったオブジェにどこか惹かれてしまいませんか?

_IMG_0865

黒田恵枝「萌怪萌怪者六地蔵菩薩立像」〈グランドホテル六甲スカイヴィラ〉

_IMG_0871

_IMG_0874

そんな不思議でちょっと奇妙な作品に出会いたい方にオススメなのが、黒田恵枝さんの作品「萌怪萌怪者六地蔵菩薩立像(もけもけものろくじぞうぼさつりゅうぞう)」。2本足で直立する6匹の動物たちは、菩薩立像というだけあってどれも有難いポーズをしています。でもよく見てみるとこの動物、こんな足や尻尾だったっけ?

 

更に、六甲高山植物園の森の中に佇むのは色とりどりの彫刻作品。

_IMG_0909

杉谷一考「今はいるけど、またいなくなる」〈六甲高山植物園〉

 

_IMG_0910

奇怪で、でもなんだかかわいい。作品の存在が、その景色をまるで異世界のように変えてしまっている不思議な空間をぜひ味わって。

 

黒田恵枝 プロフィール

杉谷一考 プロフィール

 

掲載情報は2019年10月24日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。