oyako

親子で楽しめる室内パーク

グリコの工場見学ができる「グリコピア神戸」

ポッキーやプリッツなどで知られるお菓子メーカー・グリコの工場見学ができる「グリコピア神戸」は開館30年を迎え、昨年10月に一新。お菓子や食文化について楽しく学ぶことができる施設として「デジタルクッキング」や「手作りビスコ体験(有料)」も新登場している。※入場無料、Webから要予約。

ウェルカムホール

グリコの歴史やチョコレートについての様々な知識、チョコレートができるまでを映像で上映。予備知識として見ておけば、この1日がより楽しめるはず!

IMG_8552

エントランス

高さ約3メートルの“ポッキートンネル”がお出迎え!ポッキー前の前で記念撮影もおすすめ。ポッキートンネルをくぐり抜け、いざ工場見学へ。アテンダントが同行し、わかりやすい解説を聞きながら進んでいく。

IMG_8567

1922年、発売当時のグリコの自動販売機。

1922年、発売当時のグリコの自動販売機。

グリコの自動販売機

赤色のパッケージと「一粒三百メートル」のキャッチコピーが印象的。

ポッキー・プリッツファクトリー

商品はどうやって作られているのか、原料の混合から製造・包装までの生産ラインをガラス越しに見学。次々と流れてくるポッキーやプリッツ、手際よく動くロボットなど、ずっと見ていたい光景が広がる。

IMG_8571

IMG_8618

出典:江崎グリコ株式会社

出典:江崎グリコ株式会社

取材時はリニューアル発売前の「プリッツ」の姿も!(7月30日より全国発売開始)10年ぶりに中味もパッケージも一新した大幅リニューアル。ノールックで手に取りやすく手が汚れにくい、“ながら食べ仕様”に生まれ変わったという。このようにタイミングによっては、新商品が作られているところを見ることができるかも!?

IMG_8582

リニューアルに伴い、企業秘密として長年明かされていなかったポッキーの“チョコレートコーティング”の工程もCGで公開!

ギャラリー

グリコのキャラメルに付いたおもちゃと広告を、1922年から2017年までずらっと展示。「栄養菓子グリコ」として誕生したキャラメル、そしてやがて「食べることと遊ぶことは二大天職である」との想いからおもちゃ付きに。歴代のおもちゃと一緒にその軌跡をご覧あれ。

IMG_8635

見覚えのあるおもちゃや広告を探すなど、時代を振り返りながら会話が盛り上がること間違いなし!

IMG_8643

IMG_8642

IMG_8656

最新のおもちゃは、専用アプリをダウンロードして読み込むと、画面の中で動物が動き出す。気になる方は近くの店で探してみて♪

IMG_8632

箱の中に入って撮影できる大きなポッキーやプリッツなどフォトスポットも必見!

トイレもグリコポーズ!

トイレもグリコポーズ!

思わず撮影する人が多いというトイレの標識も必見!?

 

taiken

デジタルクッキング

ゲーム感覚でオリジナルのポッキーやビスコが作れる「デジタルクッキング」。

IMG_8666

編集部も体験させていただきました!

編集部も体験させていただきました!

最後には参加者全員が作ったお菓子を大きなスクリーンに映してファッションショー!QRコードを読み取ることで作ったお菓子のデータで保存もできる。

Myビスコクッキング(有料)

IMG_8847

リニューアルの目玉となる「手作りビスコ体験」。“グリコピアバンダナ”をつけて準備完了!スタッフが丁寧に教えてくれるので子どもでも簡単に作ることができる。

IMG_8786

まずは生地を伸ばす作業から

まずは生地を伸ばす作業から

サクサク食感になるポイント!穴あけはスタッフがやってくれます

サクサク食感になるポイント「穴あけ」(スタッフ作業)

丸・三角・四角・ハート・しずくから好きな型で型抜き

丸・三角・四角・ハート・しずくから好きな型で型抜き。12枚(ペア6組)を作ってスペースが余っていれば追加で型抜き。

約10分、ビスケットを焼いている間にオリジナルパッケージに好きなデザインをお絵かき。

約10分、ビスケットを焼いている間にオリジナルパッケージに好きなデザインをお絵かき。この工程から写真撮影OK!

サックサク食感のビスケットが焼き上がりました

サックサク食感のビスケットが完成!焼きたてをぜひその場で味わってみて!

クリームをたっぷりと好きな量を挟めるのも手作りならでは!

クリームをたっぷりと好きな量を挟めるのも手作りならでは!

残りは個装し、箱・紙袋に入れてお土産に!

残りは個装し、箱・紙袋に入れてお土産に!

IMG_8857

時間 10:00〜、13:00〜の回のみ実施(定員制/所要時間70分)
1キット1,500円、4歳〜小学生は保護者同伴必須、3歳以下入室不可。

 

ショップ

お馴染みのお菓子をはじめ、お土産用のビックサイズ、アイス、コラボグッズなど幅広く取り揃える。新商品をいち早くゲットできるかも!?

IMG_8770

IMG_8763-3

参加者には最後に、オリジナルパッケージのプリッツとポッキーシューターをプレゼント!建物の前でプリッツを持ってハイチーズ!

IMG_8751

施設 グリコピア神戸
住所 神戸市西区高塚台7丁目1番
時間 10:00、11:00、13:00、14:00、15:00
※要予約(4ヶ月前から受付開始)
※手作りビスコ体験希望者は10:00、13:00に予約
※予約はこちらから(電話でも受付)
定休日 金曜
※8月16日(金)、23日(金)は開館
8月10日(土)〜15日(木)、26日(月)休館
TEL 078-991-3693
公式サイト https://www.glico.com/jp/enjoy/experience/glicopia/kobe/

【次ページ】 神戸で誕生したベビー・子ども服ブランド「ファミリア神戸本店」

掲載情報は2019年8月1日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。