rinobe

古き良きを、新しく。 元○○カフェ

昔の雰囲気を残しつつオシャレに生まれ変わったリノベーションカフェ。豊かな自然に囲まれたそのノスタルジックな空間は、なんとも穏やかな気持ちにしてくれる。郵便局や診療所、保育園を改装した古民家カフェとは一味違うカフェを紹介。地元食材を使ったこだわりランチを味わって。

【目次】
①元郵便局「kobe ozo cafe 901
②元診療所「廃墟カフェ RUINS
③元保育園「monoile cafe
④元郵便局「colissimo/cafe selen
寄り道スポット


cafemidasi1

 

IMG_3418

豊かな自然と温かなご夫婦に癒され
地元食材を使ったランチコースを堪能

田園風景の中に佇む昭和11年建築、築約80年の郵便局舎を店舗に5年前にオープンした『kobe ozo cafe 901』。三田を中心にカフェを巡って発信する人気ブロガー“三田のおったん”が長年の夢だったカフェ営業をご夫婦で実現。

トイレには電話室の扉を使用

トイレには電話室の扉を使用

郵便局で使用されていた棚

郵便局で使用されていた棚

入り口には郵便局には欠かせない記入台も

入り口には郵便局には欠かせない当時の記入台も

できるだけ当時の木造建築をそのまま残した店内に手作りの木製のインテリアを配置、外の自転車置き場があったスペースにはテラスを設け、優しく包んでくれるようなご夫婦の雰囲気もあいまって、温もりを感じる空間が広がっている。

IMG_3413

窓から見える豊かな自然、差し込む太陽、心地よい風を感じながらゆったりとした時間を過ごして。

元レストランバー経営者のご主人が手がけるランチコースは、その時々の旬の野菜を中心に献立を考え月替わりのメニューで提供される。地産の食材などを使用したデザートやドリンクもラインナップ。

ランチ(5月メニュー) 1,500円(税別)

ランチ(5月メニュー) 1,500円(税別)

オードブル3種盛:鶏とチーズの燻製、トマトのゼリー、ピザ風オニオンパフェ/本日のスープ:クタクタになるまで煮詰めた玉ねぎの甘さが決め手の「ジャガイモスープ」/色とりどり 季節の特製サラダ:自家栽培の野菜を含む旬の野菜を20種類以上。野菜の甘みを感じながらもさっぱりとした特製ドレッシングをかけて。/ローストポーク:低温でじっくりと焼き、柔らかく。特製ソースにつければご飯が進む。

+350円(税別)でデザート・ドリンク付き

+350円(税別)でデザート・ドリンク付き

爽やかな柑橘系が香る「クリーム・ド・ブリュレ」、バランスの良い酸味と苦味の「珈琲 901ブレンド」。

大沢いちごスムージー 650円(税別)

大沢いちごスムージー 650円(税別)

大沢いちごを10個以上使用した贅沢な一品。加えるものは牛乳、生クリームとシンプルに、いちごの甘さをダイレクトに感じて。カラフルなフルーツをトッピングした可愛い見た目、満足感あるサイズも人気の秘訣。

オリジナルのドレッシングとコーヒーは購入可能

オリジナルのドレッシングとコーヒーは購入可能

今の時期はテラス席が人気。

今の時期はテラス席が人気

IMG_3546

IMG_3432

店名 kobe ozo cafe 901
〈コウベ オオゾウ カフェ キュウマルイチ〉
住所 神戸市北区大沢町中大沢901
営業時間 11:00~18:00(L.O.17:00)※予約可
定休日 木・金曜日
TEL 078-223-7678
公式サイト http://blog.livedoor.jp/kobeozocafe901/
インスタグラム kobe ozo cafe 901
フェイスブック kobe ozo cafe 901
駐車場 詳細はこちら
掲載情報は2019年6月1日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。