「神戸市立博物館」リニューアルオープン 神戸市中央区

ミュージアムカフェや「コレクション展示室」を新設

 工事のため休館していた「神戸市立博物館」が11月2日にリニューアルオープンする。1階は入場無料で開放され、毎週土曜は21時まで営業時間を拡大。

 1982年11月3日の開館以来、数多くの方々に親しまれてきた神戸市立博物館は、昨年2月から開館以来初めてとなる大幅なリニューアルを実施。“神戸の文化振興を担う拠点博物館”としてフロアを再構成し、利用者がより分かりやすい展示空間に一新された。

 これまで1階と2階に分かれていた常設展示室を集約し、1階に「神戸の歴史展示室」として再編。神戸の海・港を介して営まれてきた文化交流の実態とそれらが歴史に与えた影響について4つのコーナーで展開され、時代順に学ぶことができる。町絵図や絵画資料をもとに復元した鍛冶屋町、宮前町付近の模型の中に、人々の生き生きした暮らしぶりを再現した「兵庫津模型」や、明治・昭和時代の街並み散策の擬似体験ができる「居留地デジタル模型」などが見どころだという。

 2階には「東西文化の接触と変容」をテーマとして収集されてきた同館のコレクション約7万点から、桜ヶ丘銅鐸・銅戈、聖フランシスコ・ザビエル像、考古・歴史、古地図、美術、びいどろを展示する「コレクション展示室」を新設。年数回テーマを設定し様々なコレクションを紹介していく。

 また、博物館の建物が造られた1935年(昭和10)の雰囲気を生かしたレトロモダンな空間の「ミュージアムカフェ」がオープンするほか、大画面のスクリーンに“開港後の神戸のきらめき”を伝えるオリジナルストーリーを美麗なイラストで映し出す「神戸開港シアター」、博物館のコレクション、近世・近代神戸の景観資料、市域の史跡や関連施設などを探すことができる「情報コーナー」も設けられる。リニューアル同日からは展覧会『神戸市立博物館名品展 -まじわる文化、つなぐ歴史、むすぶ美-』を開催予定。

リニューアル
2019年11月2日(土)~
場所
神戸市立博物館
(神戸市中央区京町24)
GoogleMapで探す
開館時間
10:00~17:00
※最終入館は閉館の30分前まで
※土曜日は21:00まで開館
休館日
月曜日(祝日・振替休日の時は翌平日)
年末年始
その他の臨時休館日
問い合わせ
神戸市立博物館
TEL 078-391-0035
入館料
1階 神戸の歴史展示室 無料
2階 コレクション展示室 一般300円、高校生以下無料
※特別展は別途

この記事
をシェア

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む