戻る

2019年8月23日(金)、10月12日(土)~11月24日(土)

『ストリートピアノ×ショパン展』神戸市中央区

デュオこうべ浜の手のストリートピアノ

「ショパンメドレー」などを演奏

 日本・ポーランド国交樹立100周年を記念した「ショパン-200年の肖像」の開催(兵庫県立美術館/10月12日から)を記念し、8月23日にデュオこうべ浜の手(神戸市中央区)に設置されている「ストリートピアノ」を使用した『ショパン展カウントダウンコンサート』が実施される。
 
 ショパン展開幕の50日前にあたる同日に、まちに潤いとにぎわい、交流を生み出し、神戸の魅力をより発信していけるようにと市内各所に設置された「ストリートピアノ」で作曲家・ピアニストの西村由紀江さんが「ショパンメドレー」などを演奏する。

 また、10月12日から11月24日まで、日本初公開となるショパン自筆の楽譜の複写を、市内のストリートピアノ(デュオこうべ浜の手、鈴蘭台駅前再開発ビル、JR新神戸駅など)で展示予定。担当者は「ショパンの試行錯誤の跡が伺える楽譜をストリートピアノに向かいながらご覧ください」と語っている。
日程■ショパン展カウントダウンコンサート
2019年8月23日(金)

■ショパン自筆の楽譜(複写)の展示
10月12日(土)~11月24日(土)
場所・時間■ショパン展カウントダウンコンサート
デュオこうべ浜の手 デュオドーム
(神戸市中央区東川崎町1-2-3)
GoogleMapで探す
18:30から30分程度

■ショパン自筆の楽譜(複写)の展示
デュオこうべ浜の手、鈴蘭台駅前再開発ビル、JR新神戸駅、地下鉄西神中央駅、ポートターミナル

掲載日:2019/8/22 16:00
Kiss PRESS編集部:伊吹



Page Top