2019年8月1日(木)〜11月2日(土)

KOBEとんぼ玉ミュージアム『ラグビーボール柄のとんぼ玉制作体験』 神戸市中央区

ラグビーワールドカップ開幕直前 オリジナルの応援グッズを

 9月20日に開幕するラグビーワールドカップ2019を記念したワークショップ『ラグビーボール柄のとんぼ玉制作体験』が現在、旧居留地のKOBEとんぼ玉ミュージアム(神戸市中央区)で行われている。

 同館では、ランプワークといわれる技法で作られたとんぼ玉をはじめ、古代から現代までのガラス工芸作品約2000点を展示する。国内有数の古代ガラス蒐集家である倉敷の羽原明徳さんのコレクションを展示し、とんぼ玉を中心としたガラスの歴史などを紹介する常設展に加えて、年数回の企画展も実施。現在は、クラゲやタコ、ウミガメ、熱帯魚、チンアナゴなど水族館で人気の動物たちをランプワーク技法で制作した現代作家による企画展『ガラスの水族館』(9月10日まで)が開かれている。

 制作体験では、高温のガスバーナーを使ってガラス棒を溶かし、好きな模様をつけてオリジナルのとんぼ玉を完成させる。今回期間限定で登場するパーツはラグビーボール。日本大会開幕50日前の8月1日からスタートし、11月2日までを予定しているがパーツがなくなり次第終了となる。
開催期間2019年8月1日(木)〜11月2日(土)
※ただし、パーツがなくなり次第終了
※期間中無休
時間10:00~18:00
場所KOBEとんぼ玉ミュージアム
(神戸市中央区京町79 日本ビルヂング2F)
GoogleMapで探す
料金1個制作1250円、2個制作2100円
※下記入館料も必要
大人(高校生以上)400円、子ども200円
問い合わせKOBEとんぼ玉ミュージアム
TEL 078-393-8500
対象小学校3年生以上

掲載日:2019/8/7 16:00
Kiss PRESS編集部:並木



Page Top