このイベントは終了しました。

映画『火口のふたり』

身体の言い分に身を委ねる、男と女

 直木賞作家・白石一文の小説が原作、他愛のない会話、食事、セックスを繰り返し「身体の言い分」に身を委ねるふたりの日常の中の性愛を描いた『火口のふたり』が8月23日より公開される。

<ストーリー>
10日後に結婚式を控えた直子(瀧内公美)は、故郷の秋田に帰省した昔の恋人・賢治(柄本佑)と久しぶりの再会を果たす。新しい生活のため片づけていた直子は荷物の中から1冊のアルバムを見つける。そこには一糸纏わぬふたりの姿が、モノクロームの写真に映し出されていた。蘇ってくるのは、ただ欲望のままに生きていた青春の日々。「今夜だけ、あの頃に戻ってみない?」直子の婚約者が戻るまでの5日間。身体に刻まれた快楽の記憶と葛藤の果てに、ふたりが辿り着いた先は―。

公開日
2019年8月23日(金)[R18+]
脚本・監督
荒井晴彦
原作
白石一文「火口のふたり」(河出文庫刊)
出演
柄本 佑、瀧内公美
配給
ファントム・フィルム
劇場(兵庫)
シネ・リーブル神戸(8月30日〜)
MOVIXあまがさき

この記事
をシェア

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む