丹波の森国際音楽祭『シューベルティアーデたんば2019』丹波市

25周年を記念し合計25のコンサートを実施

 6月から11月にかけてコンサートを開催する丹波地域の秋の風物詩『シューベルティアーデたんば2019』が始まっている。

 「シューベルティアーデ」とは、シューベルトが仲の良い友達を呼んで自宅のサロンで開催したコンサートのこと。丹波地域でも仲の良い友だちと音楽を楽しむような雰囲気の中で、国内外から音楽家を招き、様々なコンサートが行われている。今年は25周年を迎えることを記念し、同地域で行われるホールコンサートのほか、地元住民による篠山城大書院や済納寺などを会場にした街角コンサートや、丹波地域の魅力を周知すべく県外5都市でもPRコンサートが開かれる。

 ホールコンサートの「オープニング・コンサート」(9月1日)では、25周年を記念し14年ぶりに丹波篠山市の田園交響ホールでコンサートが行われる。また、9月28日には「ミドル・サロンコンサート」、11月16日には「ガラ・コンサート」が実施され、"音楽の秋”を堪能できる。

期間
6月~11月
時間・場所
日程により異なる
詳細はこちらから確認
料金
日程により異なる
詳細はこちらから確認
問い合わせ
丹波の森国際音楽祭シューベルティアーデたんば実行委員会事務局
TEL 0795-72-5170

この記事
をシェア

Kiss PRESS編集部:伊吹

続きを読む