このイベントは終了しました。

開催中~9月1日(日)

豊岡市立美術館-伊藤清永記念館-『日本女性の美』 豊岡市

伊藤清永「舞妓」(豊岡市立美術館―伊藤清永記念館―蔵)

江戸から大正にかけて活躍した名手の美人画と伊藤清永の作品を展示

 豊岡市立美術館-伊藤清永記念館-(豊岡市)(豊岡市)で9月1日まで『日本女性の美』が開催されている。

 豊岡市出身画家の伊藤清永は、渡欧を果たして西洋で目にした油絵具の発色に驚嘆したと同時期に、日本文化のひとつである浮世絵の構成にも強い関心を持っていた。内面的な女性美を画布に表そうと追い求めた伊藤にとって、多様な女性の姿をうつした浮世絵は、研究対象として特別な意味合いを持つものだったという。

 同展では、鈴木春信、鳥居清長、喜多川歌麿、楊州周延、橋口五葉ら江戸から大正にかけて活躍した名手の美人画と、同館コレクションから伊藤の作品を併せて展示。浮世絵師たちと伊藤、木版画の浮世絵と油彩、華やかな和の装いと命の輝きを纏う裸婦、さまざまな比較から見えてくる絵画の魅力を楽しめる。
開催期間2019年8月3日(土)~9月1日(日)
時間9:30~17:00(最終入館は16:30)
場所豊岡市立美術館ー伊藤清永記念館ー
(豊岡市出石町内町98)
GoogleMapで探す
アクセス・公共交通機関
JR「豊岡駅」またはJR「八鹿駅」にて下車後、全但バス(出石行き)に乗車、出石営業所から徒歩5分
・車
中国自動車道「吉川JCT」→舞鶴若狭自動車道「春日IC」→北近畿豊岡自動車道「八鹿氷ノ山IC」→国道312号線
料金一般500円/大高生300円/中学生以下無料
※65歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方、JAF会員の方は証明書提示で割引
問い合わせTEL 0796-52-5456

掲載日:2019/8/6 16:00
Kiss PRESS編集部:徳岡



Page Top