このイベントは終了しました。

戻る

開催中~9月29日(日)

奇跡の星の植物館『バリフラワーショー2019 ー神が舞い、宿る庭ー』淡路市

セファロタス・フォリキュラリス
ハイビスカスアーノッティアヌス

滝や池などの美しい水空間に色鮮やかな南国の花

 兵庫県立淡路夢舞台温室 奇跡の星の植物館(淡路市)で、熱帯の花と水音、色鮮やかなトロピカルフラワーでバリの庭を再現した『バリフラワーショー2019 ー神が舞い、宿る庭ー』が開催されている。9月29日まで。

 同イベントは、自然と共に生きているバリの暮らしを通して、日本人の先祖たちが創り上げて来た暮らしや花文化を見直すきっかけとなればと企画。期間中は、メインのフラワーショースペースに滝や池などの美しい“水空間"が登場。ハイビスカス・サンタンカなど色鮮やかな南国の花や、バンダ・デンファレなどの華やかなラン・プルメリア・サンユウカ・ジャスミンといった香りあふれる花木など約100種1万株の植物がバリの庭を演出する。トロピカルガーデンでは、「夜咲く花、夜香る花」と題し、プルメリア・夜香木・イエライシャン・バンマツリなど南国の花が揃い、夜の植物館を彩る。

 また、大小様々なウツボカズラやハエトリソウ、サラセニアなどを展示する「食虫植物展」や、ドラゴンフルーツ・マンゴ・マレーアップルをはじめ赤いストライプが特徴的な観賞用パイナップルなどバリや日本、東南アジアの暮らしに欠かせない身近な果物が展示される「トロピカルフルーツ展」も実施。8月1日から9月23日には特別展示「神々と生きる服飾文化」も行われ、バリの伝統衣装や布、髪飾りを展示し、布の色やパターンに込められた意味を紹介する。
 
 さらに、8月1日から15日は「サマーカーニバル」として、バリ伝統舞踊やフラダンスなどの音楽イベント、インドネシア国家公認・婚礼衣装着付け師の武居郁子さんのミュージアムトークのほか、バリバザール、ガイドツアーなど様々なイベントを用意している。
日程2019年7月13日(土)~9月29日(日)
場所兵庫県立淡路夢舞台温室 奇跡の星の植物館
(淡路市夢舞台4番地)
GoogleMapで探す
時間10:00~18:00(最終受付17:30)
※期間中の土曜日と9月15日(日)、22日(日)は20:00まで
※サマーカーニバル期間中は9:00~21:00まで
料金一般600円、70歳以上(要証明)300円、高校生以下無料
問い合わせ兵庫県立淡路夢舞台温室 奇跡の星の植物館
TEL 0799-74-1200

掲載日:2019/7/27 16:00
Kiss PRESS編集部:伊吹



Page Top