2019年7月11日(木)~9月23日(月)

笹倉鉄平ちいさな絵画館『寒色の絵、暖色の絵』 西宮市

描き下ろし作品3点を含む約21点の油彩と淡彩画を展示

 笹倉鉄平ちいさな絵画館(西宮市)で7月11日から9月23日まで『寒色の絵、暖色の絵』が開催される。

 同展では、絵全体のイメージが寒色と暖色の作品を選び展示。水の風景が涼しげな海外の情景や紅葉が満開の日本庭園をモチーフにしたものなど描き下ろし作品3点を含む約21点の油彩と淡彩画を見ることができ、“光の情景画家”と称される笹倉鉄平の魅力に迫ることができる。担当者は「それぞれの色調の違いで変化するイメージをお楽しみ頂ければ幸いです」と語っている。
開催期間2019年7月11日(木)~9月23日(月)
開館時間10:00~18:00(入館は17:30まで)
場所笹倉鉄平ちいさな絵画館
(西宮市能登町11-17)
GoogleMapで探す
アクセス・電車、バス
阪急「西宮北口駅」から西北へ徒歩約15分
JR「西宮駅」⇒阪急バス乗車、「能登町」下車

・車
名神高速「西宮IC」から約3キロ
阪神高速「西宮出口」から約3キロ
※無料駐車場あり(普通車6台分、マイクロバス可)
入館料大人300円、大学生200円(要学生証提示)、小・中・高校生100円
問い合わせ笹倉鉄平ちいさな絵画館
TEL 0798-75-2401

掲載日:2019/6/17 00:00
Kiss PRESS編集部:徳岡



Page Top