このイベントは終了しました。

2019年7月7日(日)※要参加申し込み

丹波の森公苑『第10回記念国蝶オオムラサキ放蝶会』 丹波市

オオムラサキ飼育の取組みの紹介や七夕の催しも

 丹波の森公苑(丹波市)で7月7日、『第10回記念国蝶オオムラサキ放蝶会』が開催される。要申し込み。

 同園では、丹波の里山に国蝶オオムラサキが舞う姿を取り戻し、良好な里山環境を次世代に繋げていくため、2007年から専用ケージの中で、準絶滅危惧種の国蝶オオムラサキの飼育に取り組んでおり、2009年からは飼育したオオムラサキの放蝶会を実施。園内には専用ケージ外でも幼虫が確認されているほか、地域での飼育の取り組みも行われており、少しずつだが丹波の里山にオオムラサキが戻ってきているという。

 同イベントでは、300匹のオオムラサキの放蝶に加え、学校でのオオムラサキ飼育の取組みについて紹介、七夕の催しが行われる。
開催日2019年7月7日(日)
時間14:00~15:30(小雨決行)
場所丹波の森公苑 多目的ルーム及び玄関前芝生広場
(丹波市柏原町柏原5600)
GoogleMapで探す
参加費無料
定員先着300人
※参加者分のオオムラサキが確保できない場合あり
申し込み方法公式サイトから確認
問い合わせ丹波の森公苑 活動支援部 森づくり課
TEL 0795-72-5165
メール m-mori@tanbamori.or.jp

掲載日:2019/6/3 00:00
Kiss PRESS編集部:徳岡



Page Top